村内MAP 寄付する

MENU

村内地図・
エリア紹介・設備

SLが走り抜け、東洋と
西洋の文化が混ざり合う街

5丁目

文明開化を感じさせるレンガ造りのハイカラな佇まいな建築物が多い5丁目。
多くの人を魅了し続ける帝国ホテル中央玄関をはじめ、個性豊かな近代建築が立ち並びます。
北口付近にはSL東京駅があり、蒸気機関車が駆け抜けます。

5丁目エリアのMAP

5丁目

乗車体験ができる国内最古の蒸気機関車・客車に乗ってみよう!

明治村では、100年以上の時を経た明治時代製造・輸入のSLが客車を牽引して走行しており、実際に乗車することができます。世界的にも珍しく、時代ロマンを感じる貴重なひとときをぜひ体験してみてください。

フランク・ロイド・ライト

20世紀建築界の巨匠として名高いアメリカの建築家フランク・ロイド・ライトの名建築、帝国ホテル中央玄関。
首都の迎賓施設としてふさわしい華やかさと、ライト独自の設計思想が隅々まで行き渡っている様をお楽しみいただけます。

おすすめポイント

明治の洋食屋 オムライス&グリル浪漫亭

ふわとろ卵のオムライスやハヤシライスなどが楽しめるの洋食屋さん。
さまざまなソース・トッピングのオムライスを用意しています。

聖ザビエル天主堂

美しい薔薇窓とステンドグラスが人気のスポット。
色のついた影が教会内を彩り、幻想的な世界が広がります。

5丁目のスポット

見る・知る

一覧へ

建造物

前橋監獄は洋式の4方放射式建築で、中央に八角洋風の高塔を据えた建物でした。監房は平屋で、各舎房とも、2棟もしくは3棟が連続していたとされています。そのうちの1棟が、この雑居房です。
中廊下形式の建物で、廊下の左右に21の房が並び、端には洗い場がついています。和洋折衷の構造で、格子壁で囲まれた各舎房が左右に連なった上に、洋小屋を載せた形です。各房は、堅い栗の角材が格子状に組まれた形式。房の周囲と廊下は吹きさらしとなっていて、寒さの厳しい真冬には、受刑者にとって過酷な環境だったといえるでしょう。

前橋監獄雑居房

常設展示

服装や食事も当時の資料に基づいて再現しています。

常設展示 明治の監獄体験

建造物

明治政府が中央図書館として建てた内閣文庫庁舎の主屋部分。内閣文庫とは明治6年(1873)、赤坂離宮内に「太政官文庫」という名で開設された明治政府の図書館です。江戸幕府から引き継いだ古文書に加え、各地の古文書や海外の書籍が買い足され、蔵書の内容は充実していきました。
設計者は後に国会議事堂の建設を指揮することになる大熊喜邦。ルネッサンス様式を基調とした石と煉瓦で造られた建築で(移築時に構造は鉄筋コンクリート造に変更)、4本の円柱と2本の角柱が巨大なペディメントを受けている正面は、古代ギリシャ・ローマの神殿建築を思わせる姿です。この事務棟の背後に煉瓦造の書庫棟が建っていました。

内閣文庫

一覧に戻る
村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス