MENU

村内地図・
エリア紹介・設備

入鹿池を望む絶景と
ともに楽しむ名建築

3丁目

京都市電が走る線路から入鹿池方面への脇道へ入ると3丁目。
立派な洋館が立ち並ぶ坂道をのぼっていくと、今度は日本建築のお屋敷や茶室が並びます。
さらにその先には、現存最古の洋式燈台「品川燈台」が入鹿池を望みながら待っています。

3丁目エリアのMAP

3丁目

遠くまで光を届けるレンズの秘密を知ろう

品川燈台の隣にある菅島燈台附属官舎では、
明治時代の燈台で使用されていたフルネルレンズを展示しています。
展示室に足を一歩踏み入れると、真っ暗な室内で突然燈台レンズが点灯!
実際に回りだす様は圧巻です。

住む人の個性が見える洋館の魅力

明治村には多くの洋館がありますが、3丁目は特に多いエリアの一つ。
それぞれの洋館にはどんな人が住んでいたのか。どんな暮らしをしていたのか。
そんなことを意識して見てみると、同じように見えていた建物でも個性豊かな表情が見えてくるかもしれません。

お手軽でも美味しい!名古屋めしのきしめんに舌鼓

めん処なごや庵では、名古屋名物のきしめんが楽しめます。
夏には冷たいきしめんも登場。
衣がサクサクで大きなえび天ののったえび天きしめんがおすすめです。
季節ごとに味が変わるソフトクリームもぜひお召し上がりください。

おすすめポイント

西園寺公望別邸「坐漁荘」

元老が余生を過ごした総数寄屋造りの邸宅。
入鹿池を一望することができる屋敷内からの眺望が絶景です。

芝川又右衛門邸

和洋意匠を巧みに折衷した、商人の別荘。
およそ100年前に設計されたものとは思えないモダンさに驚かされます。
屋敷内の随所ににある『ハートマーク』も探してみてください。

3丁目のスポット

見る・知る

一覧へ

建造物

長崎に3ヶ所あった居留地-東山手、南山手、大浦-のうち南山手二十五番地にあった建物です。
本館は三方にベランダをめぐらし、各室に暖炉を設けるなど、典型的な居留地住宅です。本館の外部に開く窓はすべて上げ下げ窓で、鎧戸が付きます。
本館完成から20年後、本館とは別の棟梁によって右奥に別館が増築。和室も取り込んではいますが、外観は本館に合わせて下見板張りの洋風に仕上げられています。

長崎居留地二十五番館

建造物

東京都墨田区向島5丁目にあった幸田露伴が借家住まいをしていた住宅です。幸田露伴(1867-1947)は明治を代表する作家で、尾崎紅葉と文壇の人気を二分しました。露伴はたびたび引越しをする人で、新たな借家に移るたびに、住まいを替えるヤドカリをもじって「蝸牛庵(かぎゅうあん / カタツムリの家)」と呼んだといいます。向島の周辺でも3度も引越しをしましたが、その中でこの家は、明治時代に最も長く住んだ家でした。
建物は木造で、一部が2階建てになった構造。寄棟の桟瓦葺きで、外壁は押縁の下見板張りです。

幸田露伴住宅「蝸牛庵」

重要文化財 / 建造物

品川燈台は観音崎(神奈川県)、野島崎(千葉県)につぎ明治3年(1870)に点灯された燈台。品川沖の第ニ台場の西端に建てられました。石油による光で100燭光(光の強さの単位)、光源の高さは地上から19尺(約5.8m)海面上52尺(約16m)、光の届く距離は約18kmと記録されています。
初期の洋式燈台は外国の技術援助によって造られ、品川燈台はフランス人技師ヴェルニーによって設計され、レンズや金属部をフランスから輸入しました。
観音崎、野島崎燈台が関東大震災により倒壊したため、この燈台は現存するわが国最古の洋式燈台です。

品川燈台

3丁目のグルメ・ショップ

一覧に戻る
村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス