村内MAP 寄付する

MENU

見る・知る

長崎の小島で、信仰を支えた教会堂

大明寺聖パウロ教会堂

長崎湾の入口に位置する伊王島に建設されたカトリック教会堂の一つ。フランス人宣教師ブレル神父の指導のもと、大浦天主堂建設に携わった地元大工の大渡伊勢吉によって建設されました。正面の鐘楼と入口土間は、昭和20年代に信者の浄財を元に増築されたものです。
木造平屋建ての入母屋造り、桟瓦葺きでありながら、内部は後期ゴシック様式で、身廊と側廊をもつ三廊式(バシリカ式)。身廊の天井は後期ゴシックの教会堂の交差リブボールト天井を模して漆喰塗で作られています。

建設年 明治12年(1879)
村内所在地 5丁目56番地
旧所在地 長崎県長崎市伊王島
文化財種別 登録有形文化財
登録年 平成16年(2004)
解体年 昭和50年(1975)
移築年 平成6年(1994)

目次 - Index -

    鑑賞ポイント

    ポイント01|キリスト教禁制の影響を感じさせる和風の外観

    明治6年(1873)、キリスト教の禁教令が解かれたことから、数年後には長崎各地や各島々に木造の小さな教会堂が建てられるようになりました。その中でも、早い例として知られるのがこの教会堂。

    農家のような質素な外観ながら、内部は三廊式のゴシック様式の教会。和風の外観からは、キリスト教禁制の影響を色濃く残した時代背景を感じさせます。
    本屋根より一段下がった玄関部分は、階下に入り口の土間、階上に聖歌隊席を設けました。棟上には鐘楼がのります。

    ポイント02|西洋ゴシック様式の空間を木造で再現

    内部には、身廊の正面に祭壇、右側廊の正面にルルドの洞窟、左側廊の突きあたりに聖具室を設置。

    コロネード(列柱)は、太い円柱の周りに細い柱を束ねた「束ね柱」になっており、ブドウを彫刻した飾りが施されています。
    身廊の天井は、漆喰塗りのリブヴォールト天井。側廊の天井は竿縁天井ですが、板を湾曲させて、四半円のヴォールト天井になぞらえています。身廊も側廊も一つの両流れ屋根で覆われた造り。西洋のゴシック様式建築の教会で多く見られる、トリフォリウムやクリアストーリーはありません。

    ポイント03|洞窟内で浮かび上がる聖母マリアの像

    ルルドの洞窟にあるマリア像の周りには、光の演出が施されています。天窓から光が落ち、像の後ろからも光が漏れる造りです。
    通常は屋外に設けられることの多いルルドの洞窟が、ここでは内部にあるという珍しい例です。押入れのような凹みに小さな鳥籠状の竹小舞を編み上げ、岩のように泥を塗りつけて仕上げています。

    村内 Googleマップ

    村内の場所

    ストリートビューで見学

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    建造物

    隅田川に架かっていた鉄橋「新大橋」の一部。当時の日本橋区浜町から深川区安宅町間へ架かる橋として、多くの人々に利用されました。
    隅田川には江戸時代以来、木橋が架けられてきましたが、明治の半ば頃から次第に鉄橋に架け替えられました。この新大橋もその一つで、明治41年(1908)に起工され、同45年(1912)に開通。明治村には、京橋浜町側に架かっていた約23mの部分が移築されています。
    設計監理は、まだ東京市であった頃に市の営繕(えいぜん)を担当していた技術者達によるもの。日下部辨二郎、樺島正義らの名前が記録されています。鉄材はアメリカからカーネギー社の製品を輸入し、石材は常陸の石を使いました。

    隅田川新大橋

    建造物

    南北250m、東西190mを囲う長く高いレンガ塀の敷地、唯一の出入口として設けられた正門です。
    西洋の城郭にも似たデザインで、赤レンガに白花崗岩の帯状装飾を入れたネオ・ルネッサンス様式です。アーチ型両開き鉄扉を備えた中央出入口と、楯式片開き鉄扉を付けた両脇出入口の三間構成になっています。移築されるにあたり、レンガ造から鉄筋コンクリート造に改められました。
    閉鎖的で威圧的な印象ながら、その造形の美しさに目を奪われます。

    金沢監獄正門

    建造物

    16世紀に来日したフランシスコ・ザビエルを記念し、京都・河原町三条に建てられたカトリック教会堂。近代の京都でのカトリック布教は、明治12年(1879)、パリ外国宣教会のヴィリオン神父が入洛したことが始まりとされています。フランスの篤志家から寄付を募って資金を集め、河原町三条にあった旧大名の蔵屋敷を購入してこの教会堂が建てられました。
    建設にあたり、図面はフランスから取り寄せたとも。設計は東京で在日宣教師の一人であったパピノ神父が担いました。信者であり、大阪で大工の棟梁をしていた横田彦左衛門が施工したと伝えられています。

    聖ザビエル天主堂

    村内MAP 開村時間 料金 団体情報 アクセス