村内MAP 寄付する

MENU

見る・知る

啄木が名作を生み、家族と暮らした場所

本郷喜之床

東京・文京区本郷にあった屋号を「喜之床」と称する理髪店で、明治後期から大正初期にかけての商家の形式をうかがい知れる建物。店の正面をガラス張りにしているのは当時の新しいスタイル。床屋は、ハイカラにはバーバーともいわれ、庶民の暮らしに欠かせない店屋でした。
この建物の2階二間を明治42年(1909)から間借りして家族と生活していたのが、歌人石川啄木です。処女歌集『一握の砂』はここで暮らしているときに出版されました。

建設年 明治末年(1910)頃
村内所在地 4丁目47番地
旧所在地 東京都文京区本郷
文化財種別 登録有形文化財
登録年 平成16年(2004)
解体年 昭和53年(1978)
移築年 昭和55年(1980)

目次 - Index -

    紹介動画

    偉人ストーリー

    石川啄木が暮らした理髪店

    啄木はこの住まいに、函館の友人であった宮崎郁雨に預けていた母・かつを呼び寄せ、また妻の節子、長女の京子を迎えて暮らしました。ここで文学生活をしながら、啄木は京橋滝山町にあった東京朝日新聞社校正部に勤務。

    明治43年(1910)9月にはこの地に本籍を移し、同10月には長男の真一が生まれたものの間もなく他界。この年の12月に出版したのが、啄木の名を不朽にした処女歌集「一握の砂」でした。
    奇しくも、明治の暗黒事件として啄木の思想にも大きな影響を与えた、大逆事件が起きた年でもありました。

    その頃から母と妻、そして啄木も結核性の病気になり、2階の上り下りさえも苦しくなってしまいます。そのため明治44年(1911)8月7日には、同じく文京区の小石川久堅町にある、小さな平屋建ての家に移りました。明治45年(1912)3月7日にはそこで母のかつが亡くなり、翌4月13日には、啄木もまた母の後を追うように、27歳で薄幸の生涯に幕を下ろすのです。

    石川啄木『一握の砂』より

    (我を愛する歌)
    東海の小島の磯の白砂に
    われ泣きぬれて
    蟹とたはむる
    頬につたふ
    なみだのごはず
    一握の砂を示しし人を忘れず
    はたらけど
    はたらけど猶わが生活楽にならざり
    ぢっと手を見る
    (手套を脱ぐ時)
    かなしくも
    夜明くるまでは残りゐぬ
    息きれし児の肌のぬくもり

    村内 Googleマップ

    村内の場所

    ストリートビューで見学

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    建造物

    この住宅は、大正8年(1919)にブラジル・サンパウロ州レジストロ市に建てられました。持ち主は、長野県出身でブラジルに入植した久保田安雄という人物で、日本人移民として慣れないコーヒー栽培に苦闘しながら、密林を拓いてこの家を造りました。
    現地産の堅い木材を加工して造られているものの、同じく入植者の中にいた日本人大工の手が入り、小屋組や、木材の継ぎ目である継手や仕口などには、和風の工法が見てとれます。また、建物は尺貫法で造られています。

    ブラジル移民住宅

    重要文化財 / 常設展示 / Pick Up!

    井口在屋(いのくちありや)が発明した当時世界から注目された理論に基づいたポンプ。

    ゐのくち渦巻ポンプ

    建造物

    歩兵第六聯隊は、名古屋に置かれていた東京鎮台第三分営という軍隊が、明治6年(1873)に名古屋鎮台に昇格した時に新しく編成された部隊でした。名古屋城大手門の右手にある二之丸跡に兵営が設置され、営庭を取り囲むように兵舎が配置されました。明治村へ移築されたのは第十中隊で、兵舎は約7割程度に切り縮められました。
    外観は漆喰壁に上げ下げ窓が並び、素朴な印象を与えます。しかし、構造はとても頑丈で、外側の柱はすべて土台から軒まで達する太い通し柱とし、壁の下地になる木摺(きずり)を斜めに打っています。

    歩兵第六聯隊兵舎

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス