村内MAP 寄付する

MENU

食べる

食べ歩きにぴったり

食道楽のコロツケーの店

「ホクホク」コロツケーに、五福屋乃串カツも販売しています。

場所 帝国ホテル中央玄関前芝生広場(5丁目)
ジャンル 軽食・ドリンク
予算 ~600円 ※クレジットカード・電子マネー・QRコード決済をご利用いただけます。
定休日 定休日無し ※明治村が休村の場合は除く
営業時間 [全日]10:30~(L.O.16:30)※季節によって異なる場合があります。

目次 - Index -

    おすすめ

    菜の花のクリームコロツケ/1個:300円

    菜の花のクリームコロツケ/1個:300円

    素材の食感が楽しめる、濃厚な味わいのクリームコロッケ。
    (販売期間:2024/2/23(金・祝)~2024/7/28(日))

    挽肉のコロツケー / 300円

    挽肉のコロツケー / 300円

    牛肉と玉葱の王道コロツケー

    五福屋乃串かつ(1本) / 350円

    五福屋乃串かつ(1本) / 350円

    愛知・半田の石川養豚所が誇る、こだわりの「あいぽーく」を使った串かつです。
    ※ソース・ポン酢・味噌ダレの3種類からお選びください。

    メニュー

    フード

    • 芋のコロツケー

      ホクホクのジャガイモが入った芋コロツケー

      300円

    • 挽肉のコロツケー

      牛肉と玉葱の王道コロツケー

      300円

    • 海老のコロツケ―

      ぷりぷりの海老がたっぷり入った海老クリームコロツケー

      300円

    • 五福屋乃串かつ(1本)

      愛知・半田の石川養豚所が誇る、こだわりの「あいぽーく」を使った串かつです。 ※ソース・ポン酢・味噌ダレの3種類からお選びください。

      350円

    ドリンク

    • コカ・コーラ

      300円

    • ファンタメロン

      300円

    • カルピス

      300円

    • 煌・烏龍茶

      300円

    • ミニッツメイド オレンジ

      300円

    • ホットコーヒー

      350円

    • アサヒ スーパードライ

      600円

    スイーツ

    • ソフトアイス

      季節に合わせたソフトアイスをご用意しております。※詳しくは店舗にてご確認ください。※現在、販売を見合わせております。

      400円

    村内 Googleマップ

    村内の場所

    ストリートビューで見学

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    建造物

    東京駅の丸の内側広場の中央にあった派出所。壮大な駅舎の竣工にあわせて建てられました。東京駅の駅舎は、辰野金吾の設計で大正3年(1914)に竣工。一方でこの建物は、警視庁の設計によって同時期に建てたと伝えられています。
    構造は鉄筋コンクリート造で、隅切り八角形の平面、正面の半円のペディメント、欄間付きの上げ下げ窓にある純白の浅い庇、腰壁に帯状にめぐらせた白色化粧レンガなど、東京駅舎との調和がはかられていることが見てとれます。

    東京駅警備巡査派出所

    建造物

    明治政府が中央図書館として建てた内閣文庫庁舎の主屋部分。内閣文庫とは明治6年(1873)、赤坂離宮内に「太政官文庫」という名で開設された明治政府の図書館です。江戸幕府から引き継いだ古文書に加え、各地の古文書や海外の書籍が買い足され、蔵書の内容は充実していきました。
    設計者は後に国会議事堂の建設を指揮することになる大熊喜邦。ルネッサンス様式を基調とした石と煉瓦で造られた建築で(移築時に構造は鉄筋コンクリート造に変更)、4本の円柱と2本の角柱が巨大なペディメントを受けている正面は、古代ギリシャ・ローマの神殿建築を思わせる姿です。この事務棟の背後に煉瓦造の書庫棟が建っていました。

    内閣文庫

    建造物

    皇居前広場から皇居に通じる、石橋の上に設置されていた6基の飾り電灯のうちの1つ。もともと、この場所には江戸時代から「西の丸大手橋」と呼ばれる木橋が架かっていました。明治宮殿の造営につき、石橋に架け替えられた際に、橋とともに造られたのがこの電灯です。
    設計は皇居造営事務局の技手であった久米民之助、欄干の装飾は河合浩蔵によるもの。岡山産の大島花崗岩造りによる眼鏡橋でした。両側に高さ114cmの石の手すりを備え、その間に高さ174cmの男柱を備えた造りに。さらに片側3本の計6本、それぞれの男柱石の上に、青銅鋳造の飾りが6基取り付けられていました。
    灯器には、四方に旭日(あさひ)と獅子の頭がデザインされ、腕木はアカンサスを模しています。電球グローブは真球を採用しています。

    皇居正門石橋飾電燈

    村内MAP 開村時間 料金 団体情報 アクセス