村内MAP 寄付する

MENU

食べる

明治時代の風情で楽しむ本格牛鍋

牛鍋 大井牛肉店

明治20年頃建築の大井牛肉店で文明開化の象徴「牛鍋」をご堪能ください。

場所 大井牛肉店内(1丁目)
ジャンル 和食
予算 5000円(お一人様)~  ※クレジットカード・電子マネー・QRコード決済をご利用いただけます。
予約 ご本人からのお電話のみで受付ております。 お料理のお決めをお願いいたします。
定休日 [定休日]毎週水曜日 (祝休日の場合は営業)
営業時間 [全日]11:00~(L.O. 15:30)【8月】[全日]11:30~(L.O. 15:30)【宵開催時】11:30~(L.O. 18:30)※営業時間は季節により異なります。
予約・
お問い合わせ
◆インタ-ネットでの予約受付は致しておりません。お席が満席の場合がございます。(TEL:0568-67-0314) 

目次 - Index -

    おすすめ

    神戸牛鍋の期間限定販売について【5月7日から11月30日までのご提供】               ※ご利用規約をお読み下さい。

    神戸牛鍋の期間限定販売について【5月7日から11月30日までのご提供】               ※ご利用規約をお読み下さい。

    ◆利用規約
    1、ご利用日14日前までの【完全予約制】です。
    2、お二人様からの受付となります。
    3、日付変更、食数変更、内容変更はいたしかねます。(14日前までは可能です)
    4、神戸牛鍋は、キャンセル料100%頂戴いたします。
    5、神戸牛鍋のご予約は、確認書をお送りさせていただきます。
      ※お電話にてご予約後、(ファックス・メ-ルアドレス・ご住所へ送付)のいずれかとなります。
      ※必ずご予約内容のご確認をお願いいたします。
    6、お代金は、ご利用日当日のお支払いとなります。

    その他、ご利用日は、5月7日(火)から11月30日(土)までの期間限定です。(休業日あり) 
        ・ご予約時に、お電話番号の他、ファックス番号またはメ-ルアドレスをお伺いいたします。
        ・お一人様 13,000円(税込)食前酒付
        ・満席の場合はご了承願います。

    甘夏シャーベット/牛鍋各種5,000円~6,000円

    甘夏シャーベット/牛鍋各種5,000円~6,000円

    アツアツの牛鍋を食べた後は、スッキリとした味わいのシャーベットをどうぞ。
    (販売期間:2024/8/1(木)~2024/9/8(日))

    桃のシャーベット/牛鍋各種5,000円~6,000円

    桃のシャーベット/牛鍋各種5,000円~6,000円

    牛鍋を食べた後には、さっぱりとした味わいのシャーベットをどうぞ。
    ※牛鍋お食事後のデザートになります。
    (販売期間:2024/2/23(金・祝)~2024/7/28(日))

    牛鍋 松 / 6000円  

    牛鍋 松 / 6000円  

    ・飛騨牛ロース肉(120g)・野菜・玉子・ご飯・漬物・デザート

    牛鍋 竹 / 5000円   

    ・飛騨牛肩ロース肉(120g)・野菜・玉子・ご飯・漬物・デザート

    牛鍋 橘 / 5000円 

    ・飛騨牛もも肉(140g)・野菜・玉子・ご飯・漬物・デザート

    メニュー

    ドリンク

    • 犬山ビ-ル(小瓶)

      観光都市犬山のご当地ビ-ルです。330ml  ピルスナ-タイプとアルトタイプの2種類ございます。 

      650円

    • 瓶ビール中瓶(アサヒプレミアム熟撰)

      660円

    • ノンアルコールビール(アサヒ ドライゼロ)

      510円

    • ウーロン茶(瓶)

      380円

    • コカ・コーラ(瓶)

      380円

    • オレンジジュース(グラス)

      380円

    追加メニュー

    • 飛騨牛ロース肉(100g)

      3800円

    • 飛騨牛肩ロース肉(100g)

      3000円

    • 飛騨牛もも肉(100g)

      2800円

    • 野菜

      880円

    • 玉子

      120円

    • 漬物

      180円

    • デザ-ト

      200円

    村内 Googleマップ

    村内の場所

    ストリートビューで見学

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    建造物

    東京・汐留の新橋停車場構内に東京鉄道局が建てた工場施設の一つです。新橋工場には、旋盤、木工、鍛冶、鋳物など9工場が設けられており、この建物は木工場であったと推測されます。
    この建物は、構造技術の面では鉄道寮新橋工場(4丁目44番地)にならって造られたものですが、鋳鉄柱に「東京鉄道局鋳造」の銘があり、国産鉄造建築の初期例といえます。構造形式は、鉄造平屋建て、越屋根付き切妻屋根の銅板葺き。
    大正8年(1919)に大井工場に移築され第二旋盤職場として、昭和41年(1966)まで使用されました。

    鉄道局新橋工場

    建造物

    神戸市生田区元町の相生橋東詰に建てられた牛肉屋兼牛鍋屋。牛肉は日本では禁忌とされてきましたが、幕末より、神戸をはじめとした各地の居留地に住む外国人や寄港する外国船に向けた供給が必要に。明治の新たな商売として、牛肉販売に注目した岸田伊之助(1849-1928)が、神戸の地で牛肉商を始めるために建てたのがこの建物でした。
    建物は木造2階建てですが、胴蛇腹と軒蛇腹をめぐらせた漆喰塗りの外壁に目地を入れることで、まるで石造建築のように見せています。半円アーチの上げ下げ窓とコリント式の装飾柱、2階ベランダの洋風デザインは、当時の神戸に多く見られた外国商館を彷彿とさせます。

    大井牛肉店

    重要文化財 / 建造物

    三重県令(現在の知事)岩村定高の発案による洋風県庁舎。明治13年(1880)には明治天皇も行幸され、昭和39年(1964)まで使用されました。明治政府が急速に地方行政の整備を進めると県令はこのような洋風庁舎を新築することが多くなりました。三重県庁舎は、間口が54mに及ぶ大きな建物で、玄関を軸に左右対称となっており、正面側に2層のベランダがめぐらされています。 中央に玄関と車寄を置き、前面にベランダをつけて左右対称とする構成は、明治9年(1876)に建てられた内務省庁舎にならったもので、明治初期の木造官庁舎の典型といえます。
    設計者は当時、県の土木掛にいた大工の清水義八。清水はその後、同市内に造られた三重県尋常師範学校・蔵持小学校(1丁目3番地)も手がけました。

    三重県庁舎

    村内MAP 開村時間 料金 団体情報 アクセス