MENU

食べる

景色のいい和食処

和食処 碧水亭

入鹿池と日本庭園を見渡せる和食処です。
※団体様貸切の場合があります。

場所 西郷從道邸前(1丁目)
ジャンル 和食
予算 ~1750円
予約 団体でのご利用時は要予約(10名~40名)
定休日 ◆火曜定休(12月~2月は毎週火曜・水曜定休) ※その他、明治村の休村日に準じる

目次 - Index -

    おすすめ

    秋うらら 旬彩御膳 / 3000円

    秋うらら 旬彩御膳 / 3000円

    名鉄小牧ホテル「有楽」監修、明治村の秋を感じられる特別な御膳です。※数量限定になります。

    蜂カレーうどん御膳 / 1800円

    蜂カレーうどん御膳 / 1800円

    蜂カレーベースのスープでたっぷりの具材を煮込んだ煮込みうどんご飯に漬物、天ぷらのほかデザートもついた豪華なセットです。

    碧御膳 / 1750円

    碧御膳 / 1750円

    揚げたての天ぷらにご飯も麺も1人前の量がついているボリューム満点の御膳です。
    ※麺は、冷そば、温そば、冷きしめん、温きしめんの中から1種類、お選びいただけます。

    牛鍋丼 / 1300円

    牛鍋丼 / 1300円

    こだわりの出汁を使った、碧水亭自慢の手作り牛鍋丼

    メニュー

    お品書き

    • ★碧御膳

      揚げたての天ぷらにご飯も麺も1人前の量がついているボリューム満点の御膳です。 ※麺は、冷そば、温そば、冷きしめん、温きしめんの中から1種類、お選びいただけます。

      1750円

    • ★牛鍋丼

      こだわりの出汁を使った、碧水亭自慢の手作り牛鍋丼

      1300円

    • ★かつ鍋御膳

      1450円

    • ★味噌かつランチ

      1450円

    • ★海軍カレー

      ※カレーの辛さは中辛になります。

      1100円

    • ★カツカレー

      ※カレーの辛さは中辛になります。

      1450円

    • ★お子様ランチ

      小学生までのお子様限定です。

      1000円

    • 【セット】ミニきしめん(半玉)

      ★印の付いたお食事メニューにセットとしてお付けできます。ミニきしめん(半玉)のみのご利用はできませんのでご了承ください。

      300円

    お飲み物

    • 生ビール(中)

      650円

    • 生ビール(グラス)

      400円

    • 瓶ビール

      650円

    • ノンアルコールビール

      510円

    • 日本酒(1合)

      550円

    • 焼酎(芋・麦)グラス

      550円

    • 冷酒

      950円

    • 氷カフェ(抹茶)

      500円

    • 氷カフェ(コーヒー)

      500円

    • ソーダ水(アセロラ)

      450円

    • ソーダ水(ゆずみつ)

      450円

    • ★ホットコーヒー

      450円

    • ★アイスコーヒー

      450円

    • ★紅茶

      450円

    • ★アイスティー

      450円

    • ★オレンジジュース

      450円

    • ★リンゴジュース

      450円

    • ★コーラ

      450円

    • ◆平日限定◆  セットドリンク

      平日限定!お食事と一緒にご注文で★印の付いたドリンクをお得な価格でご注文いただけます。

      300円

    村内 Googleマップ

    村内の場所

    ストリートビューで見学

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    建造物

    東京目白の学習院敷地内に建てられた院長官舎。学習院は江戸末期に京都で始まり、皇室や華族の子弟を教育する学校として明治10年(1877)に創立。明治17年(1884)、宮内省所管の官立学校として発足しました。当初は千代田区神田錦町にありましたが、麹町、四谷を経て、明治41年(1908)にまだ郊外であった目白に移転しました。この官舎が建てられたのは、目白に移転した翌年のことです。
    当時の学習院院長は、第10代にあたる乃木希典。希典は日露戦争の終結後、明治39年(1906)に軍事参議官という閑職に補せられ、翌40年(1907)1月から学習院長を兼任することとなりました。
    建物は木造で、2階建ての和館と洋館が接続した形。洋館部分は、執務室・応接室・大広間からなり、公的なスペースとして使われていたようです。設計者は、文部省技師久留正道であることがわかっています。

    学習院長官舎

    建造物

    東京・汐留の新橋停車場構内に東京鉄道局が建てた工場施設の一つです。新橋工場には、旋盤、木工、鍛冶、鋳物など9工場が設けられており、この建物は木工場であったと推測されます。
    この建物は、構造技術の面では鉄道寮新橋工場(4丁目44番地)にならって造られたものですが、鋳鉄柱に「東京鉄道局鋳造」の銘があり、国産鉄造建築の初期例といえます。構造形式は、鉄造平屋建て、越屋根付き切妻屋根の銅板葺き。
    大正8年(1919)に大井工場に移築され第二旋盤職場として、昭和41年(1966)まで使用されました。

    鉄道局新橋工場

    重要文化財 / 建造物

    西郷隆盛の弟、西郷従道が建てた住宅のうち、接客用に設けられた洋館。従道は陸海軍の大臣を歴任していたため、在日外交官の来客も多く、明治22年(1889)には明治天皇の行幸も仰ぎました。
    設計にはフランス人レスカスが関与していると伝えられ、建築金具や階段などをフランスから取り寄せているほか、2階には日本三景が描かれた陶坂で飾った暖炉も設置されています。
    この建物は耐震性を高める工夫がなされています。屋根には軽い銅板が葺かれ、野地板が斜めに張られているほか、外壁は柱間に落とし込んだ本実下見板張りとなっています。

    西郷從道邸

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス