MENU

食べる

芝生と入鹿池を眺めながらのんびりしたひとときを

食道楽のカフェ

明治時代の小説「食道楽」のレシピを元に創作した「食道楽のカレー」や、ハイライソースを使用した「ピタパン」が人気。

場所 第四高等学校武術道場「無声堂」横(4丁目)
ジャンル お食事処
予算 ~1000円
予約 予約不可
定休日 無し ※明治村が休村の場合は除く
営業時間 10:30~17:00(L.O. フードメニュー 16:00 ドリンク/スイーツ 16:30)※季節によって異なる場合があります。

目次 - Index -

    おすすめ

    食道楽のカレー / 750円

    食道楽のカレー / 750円

    明治時代の小説「食道楽」のレシピを元に創作した明治村オリジナルカレー。
    ※カレーの辛さは中辛になります。

    ミルクパオンデローパフェ / 500円

    ミルクパオンデローパフェ / 500円

    カステラの原型となったお菓子‟パオンデロー”
    コンデンスミルクを入れしっとりしたパオンデローに仕上げました。

    文明開化のあんパン/ 300円

    文明開化のあんパン/ 300円

    明治時代のレシピを再現!
    パンの生地から中のあんこまでこだわりぬいた文明開化を象徴するあんぱん
    ※食道楽のカフェ横、特設店にて販売を行います。(荒天時等は、食道楽カフェ店内にて販売いたします)
    【平日】 ・13:00~  数量限定
    【土日祝】・11:30~・13:00~ 各回数量限定
    ※食道楽のカフェが休業の場合、あんぱんの販売も行わない場合があります。

    メニュー

    フード

    • 食道楽のカレー

      明治時代の小説「食道楽」のレシピを元に創作した明治村オリジナルカレー。※カレーの辛さは中辛になります。

      750円

    • 食道楽のカレー&ソーセージ

      食道楽のカレーにソーセージをトッピング。※カレーの辛さは中辛になります。

      850円

    • 食道楽のカレー&挽肉のビフテキ

      食道楽のカレーに特製ビフテキをトッピング。※カレーの辛さは中辛になります。

      900円

    • ハイカラライス

      ご飯の上に、特製挽肉のビフテキ、食道楽のハヤシソース等を盛り合わせたハイカラな一品。

      850円

    • ミルクパオンデローパフェ

      カステラの原型となったお菓子‟パオンデロー”を食べ歩きしやすい様にパフェにしました。

      500円

    • あいすくりん

      明治時代の小説「食道楽」のレシピを元に創作した、どこか懐かしい味わいのアイスクリームです。

      300円

    • ピタパン(ソーセージ&ハイライソース)

      食道楽のハヤシソースとソーセージの相性ばっちりピタパン。

      500円

    • ピタパン(特製ビフテキ)

      特製、挽肉のビフテキをサンドしました。てりやきケチャップと一緒にどうぞ。

      500円

    • お子さまカレー

      12歳以下のお子さま限定。

      500円

    ドリンク

    • ドリンクセット

      すべてのお食事メニューにセットにできます。★のマークの中からお選びください。

      200円

    • ★ブレンドコーヒー

      350円

    • ★紅茶(ダージリン・アールグレイ)

      300円

    • ★ホットカフェオレ

      400円

    • ★コカ・コーラ

      250円

    • ★ジンジャエール

      250円

    • ★カルピス

      250円

    • ★100%オレンジ

      250円

    • ★ウーロン茶

      250円

    • ★アイスティー

      300円

    • ★アイスコーヒー

      350円

    • アイスカフェオレ

      400円

    • 生ビール(アサヒ スーパードライ)

      500円

    村内 Googleマップ

    村内の場所

    ストリートビューで見学

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    常設展示 / のりもの

    明治29年(1896)に尾西鉄道が開業するにあたり、アメリカのブルックス社から購入した機関車。
    『2B1』と呼ばれる前輪2軸、動輪2軸、従輪1軸のタンク式です。
    大正14年(1925)に尾西鉄道と名古屋鉄道が合併した際、この車両は名古屋鉄道の所有になり、その後は新潟県の信越線二本木駅に隣接する日本曹達株式会社内の工場専用機として使用され、入替作業に従事しました。

    尾西鉄道蒸気機関車1号

    建造物

    東京・渋谷区広尾の日本赤十字社病院の敷地内に建っていた、分棟式の木造病棟9つのうちの1棟。設計は、赤坂離宮などと同じ宮内省技師・片山東熊です。
    病院はドイツのハイデルベルク大学病院を模したレンガ造2階建ての本館が正面に構え、その背後に木造病棟が並び、それらが廊下で環状に結ばれていました。病棟の先端には、別棟の便所が接続していましたが、この便所棟も移築されています。当時としては最先端の設備を誇っていた病院でした。
    ハーフティンバーとドイツ下見板張りの外壁や、繊細な軒飾りや小壁の透かしが、建物の印象を柔らかいものにしています。


    日本赤十字社中央病院病棟

    建造物

    この建物はガラス工場施設の一部で、当時は大きな窯場や倉庫が隣接していました。明治政府は、明治9年(1876)に民営のガラス工場、品川興行社を買い上げて国営工場としました。施設を拡張・整備し、イギリス人の技術者たちを雇い入れて、需要の急増した板ガラスやガラス瓶などの国産化を急ぎました。
    明治18年(1885)には再び民間のガラス会社に移管され、明治41年(1908)には高峰譲吉が共同出資した三共合資会社が買収して、タカジアスターゼ(胃薬)などを作る製薬工場になりました。いろいろな変遷を経てきた建物ですが、明治初期の洋式煉瓦造工場の姿をよく伝えています。

    工部省品川硝子製造所

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス