MENU

食べる

名建築内の空間で過ごす贅沢なカフェタイム

帝国ホテル喫茶室

アメリカの建築家フランク・ロイド・ライト設計のホテルで、 穏やかな午後のひとときをおくつろぎください。

場所 帝国ホテル中央玄関(5丁目67番地)
ジャンル 喫茶店
予算 ~1150円
定休日 ◆1月中:平日全日定休+15日(土)、16日(日)、22日(土)、23日(日)は工事の為お休みいたします。 ※その他、明治村の休村日に準じる
営業時間 10:30~17:00(L.O. 16:30)※季節によって異なる場合があります。

目次 - Index -

    おすすめ

    ブレンド珈琲 / 500円

    ブレンド珈琲 / 500円

    味わい深い、オリジナルブレンドコーヒ-で優雅におくつろぎください

    アイスクリーム / 500円

    アイスクリーム / 500円

    バニラビーンズ入り特製アイス

    メニュー

    ドリンク

    • ブレンド珈琲

      500円

    • アイスコーヒー

      500円

    • コーヒーフロート

      600円

    • カフェオレ(アイス)

      600円

    • 紅茶

      500円

    • アイスティー

      500円

    • オレンジジュース

      500円

    • 柚子紅茶(ホット)

      600円

    • 明治浪漫麦酒

      650円

    軽食

    • フォカッチャサンド

      700円

    デザート

    • アイスクリーム

      500円

    • 季節のケーキ

      ※季節に合わせたケーキをご用意しております。※詳しくは店舗にてご確認ください。

      600円

    村内 Googleマップ

    村内の場所

    ストリートビューで見学

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    建造物

    豪雪で知られる新潟県高田町に建てられた写真館。明治時代の写真館といえば、文明開化の象徴のような存在でした。この建物も例にもれず、ハイカラな雰囲気の建物。施工はおそらく地元の大工によるものですが、洋風2階建てと全体的に簡素な造りながら、つい人目を惹く洒落た魅力があります。増改築や模様替えをたびたび行いながら、昭和の時代まで写真館として営業を続けました。
    1階は応接間と暗室、居室、2階には写場(スタジオ)が設けられています。

    高田小熊写真館

    常設展示 / Pick Up!

    明治38年(1905)、日露戦争を終結させるポーツマス条約が締結された際に使用されていたテーブルを帝国ホテル2階で展示しています。教科書などで載っているポーツマス条約調印の写真やスケッチに登場するのがこのテーブルです。
    このテーブルをはさんで、当時の外相・小村寿太郎とロシアのセルゲイ・ウィッテが激しく意見を戦わせました。

    ポーツマス条約の机

    建造物

    愛知県刈谷市にあった広瀬酒造の酒蔵。もともとは明治初年(1868)頃に、現在の愛知県碧南市新川に穀物倉として建てられ、明治28年(1895)に刈谷市に移されました。
    一般的に、酒蔵は醸造の過程と用途にもよるものの、おおむね大規模な建物になることが多いといわれます。この酒蔵も例にもれず、木造2階建ての桟瓦葺きに梁間9間(約16.3m)、桁行き18間(約32.7m)、幅2間(約3.6m)の庇がついた大きな建物になっています。

    菊の世酒蔵

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス