村内MAP 寄付する

MENU

見る・知る

明治の2人の文豪が、数々の名作を生んだ家

森鷗外・夏目漱石住宅

明治の文豪である森鷗外と夏目漱石が、奇しくも相次いで借家した和風住宅。明治20年(1887)頃、医学士中島襄吉の新居として建てられたものの、空家のままだったこの家は、明治23年(1890)に森鷗外が借家し1年余りを過ごしました。鷗外は、ここに移り住む同年の1月、処女作小説『舞姫』を発表。この家では『文づかひ』等の小説を執筆し、文壇に入っていきました。
明治36年(1903)から同39年までは夏目漱石が住み、漱石はここで『吾輩は猫である』を発表。文壇にその名を高めました。文中に描写された家の様子は、よくこの家の姿を写しています。
玄関脇の張り出した和室(応接兼書斎)、台所から座敷への中廊下には、住宅の近代化の萌芽が見られます。

建設年 明治20年(1887)頃
村内所在地 1丁目9番地
旧所在地 東京都文京区千駄木町
文化財種別 登録有形文化財
登録年 平成15年(2003)
解体年 昭和38年(1963)
移築年 昭和39年(1964)

目次 - Index -

    鑑賞ポイント

    ポイント01|近代住宅への芽吹きが見える明治時代の典型的な中流住宅

    2人の文豪が相次いで住んだことに加えて、この家が当時の典型的な中流住宅として、現代住宅への発展を感じさせる点でも注目されています。田の字型平面を基本としますが、3畳の女中部屋の前に、ごく短いものの中廊下の起源が見られ、これは各部屋が独立された現代の住宅への第一歩ともいえるでしょう。

    また、南面には書斎を突き出して建っており、この形が後に洋間の応接室として独立していくのです。

    ポイント02|文豪たちが執筆した姿に思いを馳せる

    玄関脇にある応接兼書斎では、漱石が執筆していたであろう部屋の様子を再現しています。

    紹介動画

    偉人ストーリー

    持ち主を変え、奇しくも2人の文豪の所縁に

    建築年代は明らかになっていないものの、明治20年(1887)頃、東京牛込の実業家中島氏が、子息襄吉の医科大学卒業にあたり新居として建てられたものと伝えられています。襄吉は勤務先の都合でここに住むことなく、そのためにほぼ新築のまま空家になっていましたが、鷗外が借家して明治23年(1890)9月、この家に移りました。すでに陸軍軍医として勤務する傍ら文筆を執っていた鷗外は、ここで文学評論雑誌『しがらみ草紙』の刊行を続け、我が国の初期浪漫主義の作品とされている小説『文づかい』等を執筆。この家は千朶山房と呼ばれ、鷗外の活発な文芸活動が行われたところです。明治25年(1892)1月には、同じ千駄木町21番地の観潮楼へ移っていきました。

    その後、中島家の借家となっていたのを、明治27年(1894)に、夏目漱石の学友で歴史学者であった斉藤阿具の父が、阿具の住まいとしてこの家を贈りました。斉藤阿具は明治35年(1902)5月、仙台の第二高等学校に赴任し、翌年には海外留学へ。明治36年(1903)2月、英国留学から帰朝して東京帝国大学文学部などで、英語、英文学を講義することになった夏目漱石がこの家を借りることになりました。漱石は斉藤阿具が帰朝して第一高等学校に転任上京する明治39年(1906)までここに住み、『我輩は猫である』『坊ちゃん』『草枕』など多くの作品をここで執筆したといわれています。

    村内 Googleマップ

    村内の場所

    ストリートビューで見学

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    常設展示 / Pick Up!

    日本で現存する最大級のリードオルガン。
    1965年、聖ヨハネ教会堂の博物館明治村への移築と同時に寄贈されたオルガンです。
    しかしながら、オルガンはその前から音が出ず、以降50年以上にわたって、見るだけのオルガンとして展示されていました。

    リードオルガン(Clough & Warren 社製)

    重要文化財 / 建造物

    三重県令(現在の知事)岩村定高の発案による洋風県庁舎。明治13年(1880)には明治天皇も行幸され、昭和39年(1964)まで使用されました。明治政府が急速に地方行政の整備を進めると県令はこのような洋風庁舎を新築することが多くなりました。三重県庁舎は、間口が54mに及ぶ大きな建物で、玄関を軸に左右対称となっており、正面側に2層のベランダがめぐらされています。 中央に玄関と車寄を置き、前面にベランダをつけて左右対称とする構成は、明治9年(1876)に建てられた内務省庁舎にならったもので、明治初期の木造官庁舎の典型といえます。
    設計者は当時、県の土木掛にいた大工の清水義八。清水はその後、同市内に造られた三重県尋常師範学校・蔵持小学校(1丁目3番地)も手がけました。

    三重県庁舎

    建造物

    皇居造営にともない架け替えられた二重橋には、橋の西側両端に並んで4基の飾り電灯がつけられていました。明治村には、そのうちの一つが移築されています。
    飾り電灯は、高さ5.2mの鋳鉄製でドイツのHARKORT社によって製造さられました。安定した重厚な基部が軸部を支え、軸部から出た葉文様の丸鋼で出来た4本の枝が軽々と大きなグローブを吊り下げています。
    飾り電灯の周りを囲む鉄柵には、二重橋とそのたもとにあった唐草模様の鋳鉄製欄干を利用しています。

    二重橋飾電燈

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス