村内MAP 寄付する

MENU

見る・知る

古都に出現した赤レンガの教会堂

聖ヨハネ教会堂

日本聖公会京都五条教会堂として建設された教会堂。2階が会堂、1階は日曜学校や幼稚園に使われていました。
中世ヨーロッパのロマネスク様式をベースに、細部にゴシックのデザインをまじえた外観が特徴。正面の左右には高い尖塔が建てられ、奥に十字形の大屋根がかかる会堂が配されています。2階の会堂の内部は十字形の平面になっていて、小屋裏あらわしも。アーチ形の方杖と鉄筋が組み合わされた独特な小屋組の細い骨組みにより、実際よりも広く感じさせる造りです。正面の妻と交差廊の両妻には大きな尖塔アーチの窓が設けられ、美しいトレーサリーの模様が浮かび上がるとともに、室内に光をふんだんに取り込みます。京都の風土に合せて使ったといわれる天井の竹のすだれが明るい光を反射し、内部の印象は非常に開放的です。

建設年 明治40年(1907)
村内所在地 1丁目6番地
旧所在地 京都市下京区河原町通五条
文化財種別 重要文化財
指定年 昭和40年(1965)
解体年 昭和38年(1963)
移築年 昭和39年(1964)

目次 - Index -

    鑑賞ポイント

    ポイント01|開放感を高める工夫

    十字形平面になっている2階の会堂内部は、小屋裏をあらわし、柱などの骨組みが細く見えることで、広さを感じさせます。京都の気候にあわせて使用した天井の竹のすだれが陽光を反射し、より開放的な印象に。

    ポイント02|中世ゴシック様式の装飾が随所に

    建物細部のところどころにゴシック風の尖頭アーチが見られますが、とりわけ正面入口のものは必見。レンガ積みの角柱から柱頭飾りを挟んで、レンガ積みのきれいなアーチが立ち上っています。奥の欄間に配された2つの三葉形アーチの窓や、板扉の大形の金具のデザインも中世風のものです。

    ポイント03|トレーサリーのステンドグラス

    この教会がまだ京都に建っていた頃の昭和9年(1934)、室戸台風の来襲によりこのトレーサリーのステンドグラスは破損してしまいました。平成10~11年(1998~1999)の保存修理の際に復原され、往時の華やかさがよみがえりました。

    設計者のJ.M.ガーディナーは、アメリカ人建築家。開国後は多くの宣教師が来日しましたが、その中には宣教だけでなく、実業面や教育面でも業績を遺した人もいました。ガーディナーもその一人です。ハーバード大学で建築を学んだ後、明治13年(1880)に来日。立教学校の校長として教育宣教にあたる一方で、建築家としても立教大学校校舎、明治学院ヘボン館、日光真光教会等の作品を遺しました。

    紹介動画

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    常設展示 / Pick Up!

    日本で現存する最大級のリードオルガン。
    1965年、聖ヨハネ教会堂の博物館明治村への移築と同時に寄贈されたオルガンです。
    しかしながら、オルガンはその前から音が出ず、以降50年以上にわたって、見るだけのオルガンとして展示されていました。

    リードオルガン(Clough & Warren 社製)

    常設展示

    明治時代に製作され、実際に使われていた輸入・国産時計を展示しています。
    時計のデザインを見比べながら明治の時計の数々をご覧いただけます。

    常設展示 明治の時計

    建造物

    東京目白の学習院敷地内に建てられた院長官舎。学習院は江戸末期に京都で始まり、皇室や華族の子弟を教育する学校として明治10年(1877)に創立。明治17年(1884)、宮内省所管の官立学校として発足しました。当初は千代田区神田錦町にありましたが、麹町、四谷を経て、明治41年(1908)にまだ郊外であった目白に移転しました。この官舎が建てられたのは、目白に移転した翌年のことです。
    当時の学習院院長は、第10代にあたる乃木希典。希典は日露戦争の終結後、明治39年(1906)に軍事参議官という閑職に補せられ、翌40年(1907)1月から学習院長を兼任することとなりました。
    建物は木造で、2階建ての和館と洋館が接続した形。洋館部分は、執務室・応接室・大広間からなり、公的なスペースとして使われていたようです。設計者は、文部省技師久留正道であることがわかっています。

    学習院長官舎

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス