村内MAP 寄付する

MENU

食べる

明治時代小説「食道楽」のレシピを元に創作した「カレーぱん」が人気

食道楽のカレーぱんの店

鶏肉と砕いた南京豆(ピーナッツ)が入った一風変わったカレーぱんです。

場所 札幌電話交換局前広場(2丁目)
ジャンル 軽食・ドリンク
予算 ~600円 ※クレジットカード・電子マネー・QRコード決済をご利用いただけます。
定休日 定休日無し ※明治村が休村の場合は除く
営業時間 [全日]10:00~(L.O.16:30) ※季節によって異なる場合があります。

目次 - Index -

    おすすめ

    果実のジュレ・ミルク(イチゴ)/500円

    果実のジュレ・ミルク(イチゴ)/500円

    新鮮な果実がぎゅっと詰まったジュレの上に、牛乳を注ぎました。かき混ぜてお召し上がりください。
    (販売期間:2024/2/23(金・祝)~2024/7/28(日))

    果実のジュレ・ミルク(パイナップル&パッション)/500円

    果実のジュレ・ミルク(パイナップル&パッション)/500円

    新鮮な果実がぎゅっと詰まったジュレの上に、牛乳を注ぎました。かき混ぜてお召し上がりください。
    (販売期間:2024/2/23(金・祝)~2024/7/28(日))

    食道楽のカレーぱん / 350円

    食道楽のカレーぱん / 350円

    明治村オリジナルの食道楽シリ-ズです。
    もっちりパン生地に程よいカレ-のスパイスがきいた食べ歩きにオススメなグルメです。

    メニュー

    フード

    • 食道楽のカレーぱん

      350円

    • 食道楽のカレーぱん / ソフトドリンクセット

      550円

    • フライドハム

      厚切りハムを揚げた明治生まれのオススメグルメ。GW期間4/27~5/6は販売中止。

      450円

    ドリンク

    • コカ・コーラ

      300円

    • ファンタメロン

      300円

    • カルピス

      300円

    • Qooオレンジ

      300円

    • アップルジュース

      300円

    • ウーロン茶

      300円

    • オレンジソーダ

      300円

    • カルピスソーダ

      300円

    • 生ビール

      600円

    村内 Googleマップ

    村内の場所

    ストリートビューで見学

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    重要文化財 / 建造物

    明治23年(1890)に東京-横浜間で始まった電話交換業務が北海道で行われるようになったのは、同33年(1900)のこと。これにあわせて、高価な交換機を火災から守るために地元産のを石材を用いて建てられました。内部の床や間仕切り壁、小屋組は木造です。1階と2階の窓を違った形式で作り、2階の窓下に花紋を連続させた胴蛇腹をまわす手法は、ルネッサンス以降の西欧でよく見られるものです。
    明治36年(1903)の官制改正により、電話交換局は郵便電信局に併合され、規模の拡大にともなって明治43年(1910)に増築され、その後は札幌中央郵便局として使用されました。

    札幌電話交換局

    建造物

    石川県金沢市に第四高等中学校(現 金沢大学)の物理化学実験教場として建てられました。近代化を進める明治政府にとって、自然科学教育は重要課題で、明治5年(1872)に公布された「小学規則」にも窮理学(物理)、化学、博物、生理(生物)の4科目があげられており、初等教育の段階から、重きをおいていました。
    棟札によると工事監督は山口半六、設計監理は久留正道。いずれも文部省技師として、多くの学校建築に携わった人物でした。

    第四高等学校物理化学教室

    常設展示

    札幌電話交換局として明治時代に実際に活躍した建物内で、電話機の歴史や仕組みをパネルや実演して紹介します。
    札幌電話交換局のあゆみや札幌の街の広がりもいっしょに紹介しています。

    常設展示 つなげる「こえ」、つながる「きおく」

    村内MAP 開村時間 料金 団体情報 アクセス