村内MAP 寄付する

MENU

食べる

造り酒屋だった風情ある建物で楽しむ甘味処

京甘味処なか井茶寮

こだわりのお抹茶と地元和菓子屋が作る甘味が楽しめるお休み処です。
お席数、休憩スペ-スに限りがございます。※季節によりご提供商品が変わります。

場所 京都中井酒造内(2丁目19番地)
ジャンル 喫茶店
予算 ~800円 ※クレジットカード・電子マネー・QRコード決済をご利用いただけます。
予約 予約不可
定休日 無し ※明治村が休村の場合は除く
営業時間 [全日]10:00~(L.O.16:30)※季節によって異なる場合があります。

目次 - Index -

    おすすめ

    頭が冴える?煎茶と和菓子のセット/600円

    頭が冴える?煎茶と和菓子のセット/600円

    “一病人”に登場する煎茶は渋いですが、この煎茶はさわやかな香りとまろやかな味わいです。
    ※和菓子は時期により変わります。
    (販売期間:2024/2/23(金・祝)~2024/7/28(日))

    餅入りぜんざい/500円(品切れの場合がございます)

    餅入りぜんざい/500円(品切れの場合がございます)

    北海道産あずきをたっぷり使った冬の定番スイーツです。※品切れの際はご了承願います。

    特選抹茶ソフトクリーム/450円 ※2月23日(金)より販売再開いたします。

    特選抹茶ソフトクリーム/450円 ※2月23日(金)より販売再開いたします。

    抹茶の香りが口いっぱいに広がるなか井特製ソフトクリームです。
    ※2月23日(金)より販売再開いたします。
    ※売り切れの際はご了承願います。

    メニュー

    フード  

    • お抹茶セット(和菓子付き)

      ※和菓子の内容は季節により変わります。

      800円

    • なかいいもぞう 

      揚げたさつまいもに砂糖をコーティングした食べ歩きにピッタリなお菓子(芋けんぴ)

      350円

    • 特選抹茶ソフトクリーム(販売中止)※12/8・9・10は販売

      抹茶の香りが口いっぱいに広がるなか井特製ソフトクリームです。※冬季販売中止します

      450円

    ドリンク  ※日本酒の販売は無くなり次第終了させていただきます。

    • 日本酒 富翁 (五勺) ※完売しました。

      【淡麗辛口】純米に近い香りと味わいがあり、滑らかでみずみずしい、さっぱりとした辛口の日本酒。

      450円

    • 日本酒 神聖 (五勺) ※完売しました。

      【濃醇】口当たりが深く、濃厚なコクと旨味のあるしっかりとした味わいの日本酒。

      450円

    • 日本酒 キンシ正宗 (五勺)

      【淡麗甘口】口当たりのよい、やわらかい味わいのすっきりとした甘口の日本酒。

      450円

    • 三ツ矢サイダー ※売り切れの際はご了承願います。

      夏目漱石など明治の文豪たちにも愛されたサイダー。瓶でご提供いたします。

      250円 

    • 抹茶ミルク  ※売り切れの際はご了承願います。

      ※冬は暖かいのもご用意できます。

      500円

    • アイスコーヒー(冬季販売中止)

      ※春・夏・秋の販売になります。 ※お菓子は付きません。

      350円

    • ホットコーヒー(お菓子付き)

      ※冬季のみの販売になります。

      450円

    村内 Googleマップ

    村内の場所

    ストリートビューで見学

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    重要文化財 / 建造物

    名古屋市の中心部、堀川の近くにあった町家です。東松(とうまつ)家は明治20年(1887)代後半までは油屋を生業としており、その後は昭和のはじめまで堀川貯蓄銀行を営んでいました。
    塗屋造りという江戸時代から続く伝統工法を用いられているこの建物は、間口4間(約7.27m)、奥行き8間半(約15.4m)、切妻造りの屋根をのせた3階建て。間口が狭く奥行きの深い造りは、町家建築の典型そのものですが、創建以来、何度も増改築を繰り返しました。もともと江戸末期には平屋だった建物を、明治28年(1895)に後方へ曳いて移動させたうえ、2階の前半分を増築して現在の店構えに。さらに明治34年(1901)、3階より上の部分を増築したとされています。

    東松家住宅

    建造物

    京都市下京区七条通りの西本願寺前に建てられた巡査派出所。
    建物は、木造の平屋建て。腰壁の上を赤レンガのタイル張りとし、覆輪目地を施しています。モルタル洗い出しの白色の帯と、窓欄間(らんま)の額縁がアクセント。屋根は下部を折ってなだらかな勾配とし、軽快な持ち送りで軒を受けています。隅切りを設けた玄関には、蒲鉾(かまぼこ)形の庇も。内部には詰所と宿直室の2室があります。

    京都七条巡査派出所

    建造物

    石川県金沢市に第四高等中学校(現 金沢大学)の物理化学実験教場として建てられました。近代化を進める明治政府にとって、自然科学教育は重要課題で、明治5年(1872)に公布された「小学規則」にも窮理学(物理)、化学、博物、生物の4科目があげられており、初等教育の段階から、重きをおいていました。
    棟札によると工事監督は山口半六、設計監理は久留正道。いずれも文部省技師として、多くの学校建築に携わった人物でした。

    第四高等学校物理化学教室

    村内MAP 開村時間 料金 団体情報 アクセス