MENU

見る・知る

明治初期の貴重な洋館建築の一つ

西郷從道邸

西郷隆盛の弟、西郷従道が建てた住宅のうち、接客用に設けられた洋館。従道は陸海軍の大臣を歴任していたため、在日外交官の来客も多く、明治22年(1889)には明治天皇の行幸も仰ぎました。
設計にはフランス人レスカスが関与していると伝えられ、建築金具や階段などをフランスから取り寄せているほか、2階には日本三景が描かれた陶坂で飾った暖炉も設置されています。
この建物は耐震性を高める工夫がなされています。屋根には軽い銅板が葺かれ、野地板が斜めに張られているほか、外壁は柱間に落とし込んだ本実下見板張りとなっています。

建設年 明治13年(1880)
村内所在地 1丁目8番地
旧所在地 東京都目黒区上目黒
文化財種別 重要文化財
指定年 昭和40年(1965)
解体年 昭和38年(1963)
移築年 昭和39年(1964)

目次 - Index -

    鑑賞ポイント

    ポイント01|和洋折衷の内部造作

    2階主室にある暖炉の額縁飾りは瀬戸焼で、日本三景と富士山が描かれています。また、1階玄関横の婦人室の暖炉の額縁は、漆塗りです。

    Check!

    窓上のカーテンボックス、手すり、扉金具、天井に張られた押し出し模様の鉄板など、内部の装飾はほぼすべてが外国製のものとされています。

    ポイント02|美しさと機能性を兼ね備えたまわり階段

    流れるような曲線を描いたまわり階段は、見た目の美しさはもちろん、昇り降りが大変楽という優れたものです。手に優しくなじむ手すりとともに、上方へと人をいざないます。

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    重要文化財 / 建造物

    日本聖公会京都五条教会堂として建設された教会堂。2階が会堂、1階は日曜学校や幼稚園に使われていました。
    中世ヨーロッパのロマネスク様式をベースに、細部にゴシックのデザインをまじえた外観が特徴。正面の左右には高い尖塔が建てられ、奥に十字形の大屋根がかかる会堂が配されています。2階の会堂の内部は十字形の平面になっていて、小屋裏あらわしも。アーチ形の方杖と鉄筋が組み合わされた独特な小屋組の細い骨組みにより、実際よりも広く感じさせる造りです。正面の妻と交差廊の両妻には大きな尖塔アーチの窓が設けられ、美しいトレーサリーの模様が浮かび上がるとともに、室内に光をふんだんに取り込みます。京都の風土に合せて使ったといわれる天井の竹のすだれが明るい光を反射し、内部の印象は非常に開放的です。

    聖ヨハネ教会堂

    常設展示 / Pick Up!

    19世紀半ばにイギリスで大流行したバルーンバックチェアに、漆と蒔絵で装飾した華麗な椅子

    桜蒔絵小椅子

    建造物

    皇居造営にともない架け替えられた二重橋には、橋の西側両端に並んで4基の飾電燈がつけられていました。明治村には、そのうちの一つが移築されています。
    飾電燈は、高さ5.2mの鋳鉄製でドイツのHARKORT社によって製造さられました。安定した重厚な基部が軸部を支え、軸部から出た葉文様の丸鋼で出来た4本の枝が軽々と大きなグローブを吊り下げています。
    飾電燈の周りを囲む鉄柵には、二重橋とそのたもとにあった唐草模様の鋳鉄製欄干を利用しています。

    二重橋飾電燈

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス