MENU

見る・知る

江戸時代から続く監獄の形式に西洋技術をプラス

前橋監獄雑居房

前橋監獄は洋式の4方放射式建築で、中央に八角洋風の高塔を据えた建物でした。監房は平屋で、各舎房とも、2棟もしくは3棟が連続していたとされています。そのうちの1棟が、この雑居房です。
中廊下形式の建物で、廊下の左右に21の房が並び、端には洗い場がついています。和洋折衷の構造で、格子壁で囲まれた各舎房が左右に連なった上に、洋小屋を載せた形です。各房は、堅い栗の角材が格子状に組まれた形式。房の周囲と廊下は吹きさらしとなっていて、寒さの厳しい真冬には、受刑者にとって過酷な環境だったといえるでしょう。

建設年 明治21年(1888)
村内所在地 5丁目61番地
旧所在地 群馬県前橋市南町
文化財種別 登録有形文化財
登録年 平成16年(2004)
解体年 昭和44年(1969)
移築年 昭和46年(1971)

目次 - Index -

    鑑賞ポイント

    ポイント01|当時の規範に則った監獄の構成

    放射状に広がる4翼の中央に八角洋風の高塔を設け、平屋の監獄には各翼とも2棟もしくは3棟の監房が連なっていました。設計者は明らかではないものの、全体の計画は、当時監獄構造の規範とされていた「監獄則及び監獄則図式」に極めて類似しています。

    雑居房は中廊下形式の建物。廊下の左右に21の囚房が並び、端に洗い場がついていました。

    ポイント02|江戸時代の牢屋を基本に、西洋技術をプラス

    房まわりの構造は、江戸時代以来の日本の牢屋の形式をそのまま伝えたもの。間仕切り壁のみが厚板の壁になっており、外周と廊下側は太く堅い栗材を密に建て並べ、貫を通して鳥かご状に囲んだ形式です。そのため囚房は、外部と廊下側がすべて吹きさらしに。床、天井ともに堅固に組まれ、入口の周囲には、中から錠に手が届かないような工夫もなされています。唯一、小屋組部分には西洋技術を導入したトラス構造が見られ、和洋折衷の面白さが見てとれます。

    ポイント03|衛生面と監視のしやすさに配慮

    監獄では飲食から排便まで、同じ狭い房内で行われるため、とにかく不衛生になりがちでした。その配慮から、房まわり、廊下ともすべて吹きさらしとし、風通しが良くなっています。

    Check!

    木造平屋建てに切妻、桟瓦葺きの建物。棟には換気のための越屋根(こしやね)が載っています。

    村内 Googleマップ

    村内の場所

    ストリートビューで見学

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    建造物

    隅田川に架かっていた鉄橋「新大橋」の一部。当時の日本橋区浜町から深川区安宅町間へ架かる橋として、多くの人々に利用されました。
    隅田川には江戸時代以来、木橋が架けられてきましたが、明治の半ば頃から次第に鉄橋に架け替えられました。この新大橋もその一つで、明治41年(1908)に起工され、同45年(1912)に開通。明治村には、京橋浜町側に架かっていた約23mの部分が移築されています。
    設計監理は、まだ東京市であった頃に市の営繕(えいぜん)を担当していた技術者達によるもの。日下部辨二郎、樺島正義らの名前が記録されています。鉄材はアメリカからカーネギー社の製品を輸入し、石材は常陸の石を使いました。

    隅田川新大橋

    建造物

    名古屋市内では京都市電に遅れること3年、明治31年(1898)に開通した名古屋電気鉄道により、市内電車が走り始めました。同社はその後も尾張地区に路線を伸ばし、大正元年(1912)には犬山線を開通。その時に建てられたのが、この「岩倉変電所」です。
    建物は、内部に大きな変電用機械が入れられるように、背の高いレンガ造りに。出入り口や縦長の大きな窓は、半円のアーチ型。褐色の塩釉系のレンガを、上下4段の帯に入れています。建物四隅にはバットレス(控壁)が取り付きます。

    名鉄岩倉変電所

    建造物

    南北250m、東西190mを囲う長く高いレンガ塀の敷地、唯一の出入口として設けられた正門です。
    西洋の城郭にも似たデザインで、赤レンガに白花崗岩の帯状装飾を入れたネオ・ルッサンス様式です。アーチ型両開き鉄扉を備えた中央出入口と、楯式片開き鉄扉を付けた両脇出入口の三間構成になっています。移築されるにあたり、レンガ造から鉄筋コンクリート造に改められました。
    閉鎖的で威圧的な印象ながら、その造形の美しさに目を奪われます。

    金沢監獄正門

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス