村内MAP 寄付する

MENU

見る・知る

実験のための装置がいたるところに

第四高等学校物理化学教室

石川県金沢市に第四高等中学校(現 金沢大学)の物理化学実験教場として建てられました。近代化を進める明治政府にとって、自然科学教育は重要課題で、明治5年(1872)に公布された「小学規則」にも窮理学(物理)、化学、博物、生物の4科目があげられており、初等教育の段階から、重きをおいていました。
棟札によると工事監督は山口半六、設計監理は久留正道。いずれも文部省技師として、多くの学校建築に携わった人物でした。

建設年 明治23年(1890)
村内所在地 2丁目15番地
旧所在地 石川県金沢市仙石町
文化財種別 登録有形文化財
登録年 平成15年(2003)
解体年 昭和39年(1964)
移築年 昭和40年(1965)

目次 - Index -

    鑑賞ポイント

    ポイント01|実験教室ならではの換気の工夫

    中央の玄関ホールから入り、左右に物理用・化学用それぞれの階段教室を設けています。木造桟瓦葺きの平家建てで、階段教室のある中央部のみ軒高約7mの切妻屋根として、ひと回り大きく造られています。外壁は南京下見(なんきんしたみ)と呼ばれる洋風の張り方。縦長の窓は上げ下げ窓で、上部の欄間(らんま)は回転窓です。また、軒裏には小さな換気口が多数開いており、実験室に局所排気装置として設けたドラフトチャンバーとともに、室内の換気に一役買っています。

    Check!

    化学用階段教室の黒板背面には、石敷きの実験台を備えた換気装置付きの小部屋があります。ここでは、生徒に有害ガスを発生する実験を見せていました。屋根の上に立つ2本の煙突は、正面から見て左が有害ガスの排出のための化学教室用、右が物理準備室のものです。

    Check!

    黒板背面の換気装置は、ドラフトチャンバーと呼ばれ、煙道に暖かい空気を送り込むことで上昇気流を発生させ、実験で生じたガスや粉じんを煙突から排出します。階段教室では、隣接する用意室で、ある程度実験が進められたものを黒板を上げて受け取り、学生に見せていたと推測されます。

    ポイント02|実験教室として先陣を切って暗戸を採用

    Check!

    両教室とも、すべての窓に上げ下げ式の暗戸が備え付けられており、実験の内容に応じて真っ暗にできる仕組みです。教卓真横の壁には、暗戸を上げると外光を取り入れられる窓が開けられており、暗い室内でも教師の手元を照らす工夫がなされています。
    この暗戸は他校の理化学教室では用いられておらず、非常に珍しいものです。しかし、鉄板の張られた暗戸を引き上げるのは大変な作業で、後に操作が容易な暗幕に変えられました。

    紹介動画

    移築秘話

    明治村創立者の母校

    明治村は、建築家の谷口吉郎と、名古屋鉄道株式会社会長の土川元夫の発想と決意によって誕生しました。両氏は金沢の第四高等学校で同級生でした。この建物の一室は、2人の偉人の功績をたたえる顕彰(けんしょう)室として、両氏の遺品などを展示しています。

    村内 Googleマップ

    村内の場所

    ストリートビューで見学

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    重要文化財 / 建造物

    明治23年(1890)に東京-横浜間で始まった電話交換業務が北海道で行われるようになったのは、同33年(1900)のこと。これにあわせて、高価な交換機を火災から守るために地元産のを石材を用いて建てられました。内部の床や間仕切り壁、小屋組は木造です。1階と2階の窓を違った形式で作り、2階の窓下に花紋を連続させた胴蛇腹をまわす手法は、ルネッサンス以降の西欧でよく見られるものです。
    明治36年(1903)の官制改正により、電話交換局は郵便電信局に併合され、規模の拡大にともなって明治43年(1910)に増築され、その後は札幌中央郵便局として使用されました。

    札幌電話交換局

    建造物

    京都市の御幸町通に建てられた造り酒屋。中井家は、江戸時代の天明7年(1787)に河原町三条で商売を始めました。その後、享和3年(1803)に御幸町通に移転したものの、当時の建物は元治元年(1864)に長州藩と会津・薩摩両藩が衝突した「禁門の変」で焼失。後に再建されたものが、この建物です。
    木造2階建ての桟瓦葺き。京都独特の低い軒にゆるい勾配のむくり屋根をもち、漆喰塗りの壁には虫籠(むしこ)窓が開けられています。出入口は、酒屋格子をはめた無双(むそう)窓。間口が狭く奥行きの深い町家建築で、中央に土間が通されています。土間の左側が座敷で住居部分、右側の作業場は小屋裏までの吹き抜けになっており、縦横の小屋組が目を引きます。

    京都中井酒造

    建造物

    石川県金沢市に第四高等中学校(現 金沢大学)の物理化学実験教場として建てられました。近代化を進める明治政府にとって、自然科学教育は重要課題で、明治5年(1872)に公布された「小学規則」にも窮理学(物理)、化学、博物、生物の4科目があげられており、初等教育の段階から、重きをおいていました。
    棟札によると工事監督は山口半六、設計監理は久留正道。いずれも文部省技師として、多くの学校建築に携わった人物でした。

    第四高等学校物理化学教室

    体験する

    一覧へ

    貸衣装

    明治時代風の袴に身を包み散策をしてみると、まるでタイムトリップしたかのよう。
    記念撮影や散策をしながら、自分の好きなスポットを探してみては?

    明治体験処 ハイカラ衣装館《散策コース》

    有料ガイド

    明治の貴重な建造物などの文化財を学芸スタッフによる案内付きで巡るガイドツアーです。お客様の目的に合わせたルート設定ができるので、限られたお時間でも効率的にご見学いただけます。
    また、車を使って村内を移動するため、広い村内を楽々移動することができます。
    大切なお客様とのご見学に、またご家族での明治村巡りに、ぜひご利用ください。

    プレミアムガイド(事前予約制)

    のりもの / 有料体験

    村内の2丁目・3丁目・4丁目にある3つの駅を結ぶ、路面電車の京都市電。
    日本で初めて鉄道が開通したのは新橋‐横浜間ですが、続いて日本で初めて路面電車(市内電車)が開通したのは京都でした。明治村を走る京都市電は、開通当初の京都電気鉄道から京都市電へと移り変わっていく間の時代、明治45年に開通した北野線を走行していた車両(製造は明治43~44年)です。
    乗務員の村内案内と共に景色を眺めながら、当時と同じくらいの速度で走行する京都市電。特徴のある警鐘の音や、終点駅でのポールの付け替え作業にも是非注目を。

    京都市電 乗車体験

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス