村内MAP 寄付する

MENU

見る・知る

あまたの若者が武道の修練に励んだ道場

第四高等学校武術道場「無声堂」

金沢の第四高等学校(現 金沢大学)に建てられたもので、柔道、剣道、弓道3つの道場からなる武道場。木造平屋建て、切妻造りの桟瓦葺きの建物。主屋正面の中央に切妻造りの玄関がつきます。主屋内部は剣道場と柔道場の2つに分かれ、両妻の落ち棟に師範台と更衣室、背後に浴室を設けていました。弓道場は主屋と土間を介してつながり、茅葺きの的屋を併設しています。

建設年 大正6年(1917)
村内所在地 4丁目34番地
旧所在地 石川県金沢市仙石町
文化財種別 登録有形文化財
指定年 平成15年(2003)
解体年 昭和44年(1969)
移築年 昭和45年(1970)

目次 - Index -

    鑑賞ポイント

    ポイント01|主屋は剣道場と柔道場

    柔道場では床の弾力を増すため床下にスプリングを入れ、また剣道場では音の反響を良くするため床下に共鳴用の溝を掘るなど、道場の床には工夫が加えられています。

    ポイント02|さえぎる柱のない、開放的な弓道場

    主屋と出入口の土間でつながる弓道場は、同じく木造平屋建て、切妻造りの桟瓦葺きの建物です。的屋は茅葺きで、厚く深い軒の下に的が置かれます。

    弓道場の正面は、雨戸を入れる戸袋まで左右に大きく開く仕組みになっており、的屋側の間口いっぱいの五間(約9.09m)にさえぎるものは柱1本ありません。小屋組の構造を合理的な洋小屋にすれば、このように柱のないワイドな空間を造ることが比較的容易です。

    「無声堂」の名は、『孫子 虚実篇第六』によります。

    攻めて必ず取るには、其の守らざる所を攻むればなり。
    守って必ず固きは、その攻めざる所を守ればなり。
    故に善く攻むる者には敵の守る所を知らず、
    善く守る者には敵其の攻むる所を知らず。
    微なるかな、微なるかな、形無きに至り。
    神なるかな、神なるかな、声無きに至る。
    故に能く敵の司命となる。

    More Detail

    さらに詳しく知る

    村内 Googleマップ

    村内の場所

    ストリートビューで見学

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    建造物

    この建物は、1889年(明治22)頃、ハワイ島ヒロ市ケヤベ街のワイルック川のほとりに建てられた教会です。キリスト教組合派の牧師であった岡部次郎により、日本人向けの教会として造られました。教会の役目を終えた後は、周辺の日本人の集会所に。さらにヒロ市の英字新聞社の倉庫として使われるようになりました。
    周囲が湿地であったため高床となり、入口が太鼓橋のように造られています。構造はツーバイフォー形式より古いバルーン・フレームという構法で造られています。

    ハワイ移民集会所

    建造物

    小泉八雲(1850-1904)はもとの名をラフカディオ・ハーンと言い、アイルランド人の父とギリシャ人の母の間に生まれた。アイルランドで教育を受けた後、アメリカで新聞記者などを経て、明治23年(1890)に来日し、英語教師として松江中学を始め各地へ赴任しました。明治29年(1896)に日本に帰化し、同年東京帝国大学に招かれ教鞭をとるようになると、毎年夏を焼津で過ごすようになりました。この家は魚屋の山口乙吉の家で、1階に通り土間を備えた典型的な町家です。

    小泉八雲避暑の家

    重要文化財 / Pick Up!

    精紡機は、前紡工程の練紡機(粗紡機)より供給された粗糸を引き伸ばして所要の太さにしたのち、撚りをかけて糸とし、その糸を自動的に巻き取る機械です。この機械は三重紡績会社で使用され、日本の近代化に大きく貢献しました。

    リング精紡機

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス