村内MAP 寄付する

MENU

見る・知る

二棟が軽やかに渡り廊下で結ばれる洋館

神戸山手西洋人住居

神戸の山手に建てられたいわゆる異人館。創建当初は外国人の住居でしたが、明治29年(1896)から日本人増田周助氏の所有となりました。その後再び外国人の手に渡り、フランス人貿易商フェルナン・ブルムが住みました。
主屋には二面にベランダが廻り、鎧戸付きの出入口や掃き出し窓が開きます。付属屋の室内は日本間で、窓の一部が和風になっていますが、全体は洋風にまとめられ、別館1階は使用人の住居にあてられました。主屋と付属屋を組み合わせた構成は、神戸西洋館の典型とされます。

建設年 明治20年(1887)頃
村内所在地 3丁目32番地
旧所在地 神戸市中央区山本通
文化財種別 登録有形文化財
登録年 平成15年(2003)
解体年 昭和41年(1966)
移築年 昭和44年(1969)

目次 - Index -

    鑑賞ポイント

    ポイント01|建物を大きく、広く見せるための工夫

    この住宅では、敷地が狭いという悪条件を逆手にとって、様々な工夫が凝らされています。例えば、ベランダの柱を整然とは建てず、場所によって2本、3本と並べ、その間隔もまちまちにすることによって建物に変化を持たせ、実際以上に大きく見せています。また、ベランダから室内へ数多くの出入口を設けているのは、広いとは言えない室内をベランダと一体で使うための配慮だと考えられます。

    ポイント02|瀟洒な意匠の付属屋2階の和室

    付属屋の2階は平書院が付く床の間を備えた座敷となっています。書院欄間の繊細な菱格子、円窓など、数寄屋造りの趣です。

    Check!

    付属屋の2階へは、主屋からの渡り廊下でのみ行き来できるようになっています。付属屋1階に住居が与えられた使用人の動線と区分するためと考えられます。

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    建造物

    東京郊外の巣鴨に新築された私立宗教大学(現 大正大学)本館の正面に設けられた車寄部分を移築したもの。
    本館の建物は、中央にバロック風の角ドームをのせた大屋根をいただく2階建ての洋風建築で、車寄と同様、腰石には花崗岩が積まれていました。車寄の高さが6.9mにもなりますから、2階建ての本館が壮大な建築であったことがうかがえます。

    宗教大学車寄

    建造物

    神戸の山手に建てられたいわゆる異人館。創建当初は外国人の住居でしたが、明治29年(1896)から日本人増田周助氏の所有となりました。その後再び外国人の手に渡り、フランス人貿易商フェルナン・ブルムが住みました。
    主屋には二面にベランダが廻り、鎧戸付きの出入口や掃き出し窓が開きます。付属屋の室内は日本間で、窓の一部が和風になっていますが、全体は洋風にまとめられ、別館1階は使用人の住居にあてられました。主屋と付属屋を組み合わせた構成は、神戸西洋館の典型とされます。

    神戸山手西洋人住居

    常設展示

    展示室に足を一歩踏み入れると、真っ暗な室内で突然灯台レンズが点灯し、回りだす様は圧巻!
    三島由紀夫の小説『潮騒』の舞台となった伊勢湾に浮かぶ「神島」の灯台で実際に使用されていた回転レンズです。また、明治村に移築されている灯台や、灯台建設に貢献をした「お雇い外国人」らの事績をまとめた資料の展示もご覧いただけます。

    常設展示 明治の燈台

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス