【12選】明治村で買いたいおすすめお土産

CATEGORY:
明治村ガイド 編集部おすすめ

2021/08/14

【12選】明治村で買いたいおすすめお土産

メイジノオト編集部

記者

メイジノオト編集部

明治村へ訪れた際に、「お土産どれにしようかな〜」と悩まれる方は多いはず!

そこで今回は、編集部おすすめの明治村のお土産を厳選しました!​明治村オリジナルグッズなど、ほかでは手に入りにくいものを中心にピックアップしました。

ぜひ、お土産選びの参考にしてみてくださいね。

プチギフトとしても喜ばれること間違いなし!
「明治村オリジナル刺繍ハンカチ」

まずは、明治村を象徴する絵柄が刺繍されたガーゼ素材のハンカチ。吸水性が良く、綿本来の柔らかさが特徴です。性別・年齢問わず使えるのでお土産にもぴったりです!

ちなみに、日本におけるハンカチの普及は、洋装が導入された明治時代以降のことです。それまでは、手ぬぐいが主流でした。

明治時代の小説に出てくるレシピを再現・アレンジしたレトルトカレー「食道楽のカレー」

明治時代にベストセラーになった小説「食道楽(しょくどうらく)」で紹介しているカレーレシピを再現・アレンジした「食道楽のカレー」もおすすめ!

インドカレーを基本に、鶏肉と砕いた南京豆(ピーナッツ)が入っているのが特徴です。辛さはマイルドなので、お子さんでもおいしくいただけますよ。

村内では食道楽のカレーやカレーパンもいただけるので、そちらもチェックしてみてくださいね。

明治村の建物や乗り物が手のひらサイズのペーパークラフトに!
明治村の「ペーパークラフト」

左:芝川又右衛門邸 右:西郷従道邸

あの明治村の建物や乗り物が手のひらサイズのペーパークラフトに!ミニチュアサイズですが、細部まで忠実に再現されており、できあがりがは本物さながら。

子供から大人まで真剣に楽しめますよ!種類も豊富なので、気になるものを手にとってみてくださいね!

夏目漱石初版本の装丁をデザインした
明治村オリジナル「装丁雑貨」

夏目漱石の初版本の装丁をデザインした明治村オリジナルグッズは自分用のお土産としてもおすすめです。ノートやクリアファイル、缶バッチ、手ぬぐいなどどれも心くすぐられるものばかり。

当時流行したアール・ヌーヴォーを取り入れたブックデザインは、例を見ない美しい装丁となっています。なんとも洒落てますよね。

「SL12号機関車」&「京都市電 」のプルバックカー

博物館明治村限定の「SL12号機関車」と「京都市電 」のプルバックカーは、大人も子どもも車好きは見逃せないアイテムです。

どちらも村内では現役で走っていますので、ぜひ乗車してみてくださいね!

※運行状況・時刻については、公式HPで随時ご確認をお願いします。

ほっこり、かわいい。
「オリジナルレターセット」

村内の建物が絵柄になった「明治村限定 オリジナルレターセット」。ほっこり、かわいらしい絵柄がたまりません。

村内にある宇治山田郵便局舎から手紙を出せば、宇治山田郵便局舎の風景印で消印されて届きますよ!手紙を書いて大切な人に送ってみてはいかがでしょう。

明治村「浪漫麦酒」

明治村には実はビールがあるんです。

「明治村浪漫麦酒」は明治時代に醸造されていたレシピのまま醸造されたビールです。

「ミツボシビール」は愛知県犬山市にブルワリーを構えており、その歴史は明治時代、1880年代にまでさかのぼります。

どちらも明治にゆかりのあるビールですので、お酒好きの方は必見です!

あの煉瓦がクッキーに!
「帝国ホテルの黄色いレンガクッキー」

帝国ホテル中央玄関に使用されている「スダレ煉瓦」を模したクッキー。スダレ煉瓦の特徴である色と質感にこだわった商品です。

帝国ホテルのあの煉瓦を知っている方は思わず「あっ!」となるのでは?!

※本商品の売上の一部は、将来的に実施される「帝国ホテル中央玄関」の保存修理工事のための基金として積み立てされます。

フランク・ロイド・ライトがデザインした
「テーブルウェア コレクション」

「インペリアル」シリーズ

帝国ホテル ライト館を設計した建築家といえば「フランク・ロイド・ライト」ですよね。

当時「ライト館」で使用された食器はフランク・ロイド・ライトによりデザインされ、ノリタケの前身である日本陶器合名会社が製造していました。

「マーチバルーンズ」シリーズ

「インペリアルブルー」シリーズ

そんな、フランク・ロイド・ライト デザインの魅力が詰まったテーブルウェア コレクションが村内でも購入できます。

「帝国ホテル ライト館」にその原点を持つシリーズ「インペリアル」とライト生誕150周年を記念して発売された2種類のコレクション。いずれもフランク・ロイド・ライト デザインの魅力が詰まったテーブルウェア コレクションです。

聖ザビエル天主堂のステンドグラスが「サンキャッチャー」に!

村内には雑貨・食器・アクセサリーなどを揃えたガラス専門店「品川硝子ショップ」があります。ここだけで買える限定商品が、聖ザビエル天主堂のステンドグラスをモチーフにした「サンキャッチャー」です。

置物として飾ることはもちろん、窓に吊るせばキラキラと光ってとっても綺麗。明治村へ訪れた際の記念になること間違いなしのお土産です。

他にも、本や手帳には、美しく透ける「明治村オリジナルブックマーカー」も人気です。こちらも、聖ザビエル天主堂のステンドグラス をモチーフにしています。

品川硝子ショップにはまだまだここだけの限定商品が揃っていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

もらった人が思わず笑顔になる
「聖ザビエル天主堂飴」

聖ザビエル天主堂つながりで、もう一つ!

こちらは聖ザビエル天主堂のバラ窓と、あのフランシスコ・​ザビエルがデザインされたインパクト抜群のキャンディーです。

これをもらったら、思わず笑顔になってしまいませんか?バラマキ土産としてもぴったりです。

※本商品は2021年10月で販売終了予定です。(2021年6月現在)

明治村花はちみつを使用した
「明治村カステーラ」

「カステラ」といえば、​明治時代に伝来した南蛮菓子の代表格。「明治村カステーラ」は、明治村周辺で採取した「花はちみつ」を使用し、しっとり上品な味わいに仕上げています。

食べやすくカットされているのも嬉しいポイントです。

今回は、明治村に行ったら買って帰りたいお土産をピックアップしてご紹介しました。

どれもこだわりが詰まったものばかりです。ぜひ思い出に持ち帰ってくださいね。

INFORMATION

Writer

メイジノオト編集部

記者

メイジノオト編集部

メイジノオトは、明治の魅力を発信するメディアサイトです。
多くの人々がまだ気づいていない『明治』というはじまりの時代のおもしろさをお伝えしています。過去を見つめ直すことによる新しい発見やひらめきをお届けできればと思っています。
運営しているのは、日々明治時代に想いを馳せるちょっとマニアックな編集チーム。
歴史に興味がない人にもわかりやすく、そして、楽しくお伝えしていきます。