村内MAP 寄付する

MENU

体験する

ボランティアスタッフによる案内で巡るガイドツアー

5丁目ガイドツアー Aコース《定時 ボランティアガイド》

各丁目ごとに設定したコースに従い建造物をご案内する、少人数のお客様向けツアーです
※10名様以上は、『予約制ガイドツアー』をご覧ください。

場所 帝国ホテル中央玄関|5丁目67番地、大明寺聖パウロ教会堂|5丁目56番地、聖ザビエル天主堂|5丁目51番地
開催日 毎日※休村日を除く
※都合により休止の場合がございます。
予約 予約不要(現地でご案内)
料金 無料
所要時間 約30分
集合場所 帝国ホテル中央玄関
開始時間 10:40、13:30

目次 - Index -

    この体験ができる建物について

    長崎の小島で、信仰を支えた教会堂 大明寺聖パウロ教会堂

    長崎の小島で、信仰を支えた教会堂 大明寺聖パウロ教会堂

    長崎湾の入口に位置する伊王島に建設されたカトリック教会堂の一つ。フランス人宣教師ブレル神父の指導のもと、大浦天主堂建設に携わった地元大工の大渡伊勢吉によって建設されました。正面の鐘楼と入口土間は、昭和20年代に信者の浄財を元に増築されたものです。
    木造平屋建ての入母屋造り、桟瓦葺きでありながら、内部は後期ゴシック様式で、身廊と側廊をもつ三廊式(バシリカ式)。身廊の天井は後期ゴシックの教会堂の交差リブボールト天井を模して漆喰塗で作られています。

    近代古都で布教の拠点となった白亜の教会 聖ザビエル天主堂

    近代古都で布教の拠点となった白亜の教会 聖ザビエル天主堂

    16世紀に来日したフランシスコ・ザビエルを記念し、京都・河原町三条に建てられたカトリック教会堂。近代の京都でのカトリック布教は、明治12年(1879)、パリ外国宣教会のヴィリオン神父が入洛したことが始まりとされています。フランスの篤志家から寄付を募って資金を集め、河原町三条にあった旧大名の蔵屋敷を購入してこの教会堂が建てられました。
    建設にあたり、図面はフランスから取り寄せたとも。設計は東京で在日宣教師の一人であったパピノ神父が担いました。信者であり、大阪で大工の棟梁をしていた横田彦左衛門が施工したと伝えられています。

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス