Language
English
簡体中文
한국어
  • 団体向け情報
  • お問い合わせ
二重橋飾電燈

二重橋飾電燈

1丁目11番地

旧所在地 東京都千代田区千代田
建設年代 明治21年(1888)

「二重橋」は皇居前広場から見て奥の橋、「江戸城西の丸下乗橋」の通称である。堀から石垣まで大変高いため、江戸時代、ここに橋を架けるに際して、橋脚を建てることが難しく、実際の橋の下に支えのための橋を設け二重とした。また、明治21年(1888)、皇居造営に伴い新しい鉄橋に架け替えられると、手前の橋と重なって二重に見えるようにもなった。この鉄製の飾電燈は、その新しい鉄橋の両たもとに計四基立てられたものの一つで、橋とともにドイツで作られた典型的なネオ・バロック様式のものである。明治村では橋の高欄の一部とともに展示している。

明治初期のガス燈に引き続き、明治11年(1878)には日本で初めての電燈がともされた。これはアーク燈であったが、1879年(明治12年)エジソンが竹のフィラメントを使って白熱燈の実用化に成功すると、日本でもいち早く開発・研究に着手、数々の実験を経て、明治18年の東京銀行集会所新築に際し40個の白熱燈が点燈された。その2年後には東京電燈会社によって、日本橋区南茅場町の発電所から、江戸橋郵便局、銀行、その他に送電が始められた。明治21年の皇居造営に際しては、麹町に発電所を設けて送電、この飾電燈をはじめ皇居内に明かりをともした。この様に、当時は現代と異なり、その需要に応じて近くに発電所を設置し、送電していた。

1丁目ゆかりの人々

森鴎外(1862-1922)

陸軍軍医として要職を務めるかたわら、小説家・評論家として活躍した明治の文豪。「舞姫」や「雁」「高瀬舟」などの小説やドイツ文学の翻訳を残した。明治村に移築されている住宅には明治23年秋から同25年1月まで住んだ。

夏目漱石(1867-1916)

明治の文豪。松山中学、第五高等学校、第一高等学校などで、教鞭をとった後、ロンドン留学。帰国後、「吾輩は猫である」を発表して、文壇デビュー。「坊っちゃん」「明暗」「心」などの作品を残した。明治村に移築されている住宅には鴎外転居後11年を経た明治36年2月から同39年12月まで住んだ。

西郷從道(1843-1902)

明治の政治家、軍人。西郷隆盛の弟。山県有朋とともに渡欧し、兵制を調査、帰国後陸軍中将となる。明治10年の西南の役では兄隆盛と行動を別にした。明治18年第一次伊藤内閣の海軍大臣となって以来、海軍建設に功があり、後に元老に遇せられた。

乃木希典(1849-1912)

明治の軍人。維新後、陸軍に入り、のちに台湾総督に就く。日露戦争の際に陸軍大将となり旅順攻略や203高地占領を指揮。1907年、学習院長に就任し、現在明治村に移築されている官舎の建設にあたる。明治天皇の大葬の夜、静子夫人と自決した。

一覧へ

  • 総合案内板
  • イベントカレンダー
  • 新着情報
  • はじめてのお客様へ
  • 村内地図