Language
English
簡体中文
한국어
  • 団体向け情報
  • お問い合わせ
第八高等学校正門

第八高等学校正門

1丁目1番地

旧所在地 名古屋市瑞穂区瑞穂町
建設年代 明治42年(1909)

現在「博物館明治村」の正門として使われているこの門は、もと名古屋の旧制第八高等学校の正門であった。同校は明治41年(1908)に設立され、愛知県立第一中学校の旧校舎を借りて開校したが、翌42年12月に新校舎が落成し、移転した。
四本の門柱は、赤いレンガに白い花崗岩を帯状に配して作られており、この構成は明治洋風建築によく用いられたものであった。また中央の両開門扉、脇門の片開門扉、袖柵は細い鉄材で作られ、軽快なものとなっている。ここに使われている材料は、いずれも当時の洋風建築を語る時欠くことのできないものである。

明治5年(1872)の学制公布から十数年を経て、明治19年森有礼によって一大教育改革が行われ、「小学校令」「中学校令」「帝国大学令」「師範学校令」が定められた。これにより小学校、中学校、師範学校にはそれぞれ尋常と高等の二段階の学校が設けられ、四年間の尋常小学校は義務教育とされた。遅れて明治27年(1894)には「高等学校令」が定められ、それまでの高等中学校が高等学校に改称・改組された。この改革により、その後数十年にわたって整備・拡充されていく学校制度の基礎が築かれた。
明治時代に作られ、重要文化財に指定されている洋風の門が二つある。一つは明治10年学習院の正門として作られたもの、もう一つは明治11年東京杉並の妙法寺に建てられた門である。いずれも鋳鉄で作られ、和洋のデザインを混用している。


  • 第八高等学校当時の正門

  • 学習院旧正門

  • 妙法寺鉄門

一覧へ

  • 総合案内板
  • イベントカレンダー
  • 新着情報
  • はじめてのお客様へ
  • 村内地図