MENU

体験する

学芸スタッフによる案内で巡るガイド

芝川又右衛門邸《建物ガイド》

普段、非公開の建物を時間を決めて限定公開。
みどころが豊富な建物内部を詳しい説明とともにご見学いただけます。

場所 芝川又右衛門邸|3丁目68番地
予約 予約不要(現地でご案内) 建物保護のため人数を制限する場合があります。
料金 無料
所要時間 約15分
集合場所 芝川又右衛門邸 玄関付近
開始時間 11:00、11:20、11:40、13:00、13:20、13:40、14:00、14:20、※14:40、※15:00 (※土日祝のみ)

目次 - Index -

    おすすめポイント

    ガイドでしか見ることのできない建物内部をご案内

    ・建物ガイドでしか見ることのできない建物内部は、和洋折衷の造りとなっています。

    設計者は武田五一

    ・建物のデザインだけでなく、芝川又右衛門邸を設計した武田五一がデザインした家具なども見ることが出来ます。

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    常設展示

    展示室に足を一歩踏み入れると、真っ暗な室内で突然燈台レンズが点灯し、回りだす様は圧巻!
    三島由紀夫の小説『潮騒』の舞台となった伊勢湾に浮かぶ「神島」の燈台で実際に使用されていた回転レンズです。また、明治村に移築されている燈台や、灯台建設に貢献をした「お雇い外国人」らの事績をまとめた資料の展示もご覧いただけます。

    常設展示 明治の燈台

    重要文化財 / 建造物

    三重県鳥羽沖の菅島にあった燈台の灯りを管理する係員の住居。創建からしばらくの間、イギリス人技師が住んでいたといわれています。
    官舎はお雇い外国人のイギリス人技術者R.H.ブラントンの指導により建設されたもので、イギリス積みのレンガ造ですが、正面にベランダを造る形は、東南アジアの植民地建築の様式。レンガ造の壁に木造の洋小屋を載せて桟瓦を葺いており、出入口は両開きのガラス扉に鎧戸を付け、窓は上げ下げ窓でやはり鎧戸を備えています。扉、額縁、巾木等の塗装は木目塗りで、燈台を管轄した工部省燈台局関係の建物にはよく用いられます。

    菅島燈台附属官舎

    建造物

    神戸の山手に建てられたいわゆる異人館。創建当初は外国人の住居でしたが、明治29年(1896)から日本人増田周助氏の所有となりました。その後再び外国人の手に渡り、フランス人貿易商フェルナン・ブルムが住みました。
    主屋には二面にベランダが廻り、鎧戸付きの出入口や掃き出し窓が開きます。付属屋の室内は日本間で、窓の一部が和風になっていますが、全体は洋風にまとめられ、別館1階は使用人の住居にあてられました。主屋と付属屋を組み合わせた構成は、神戸西洋館の典型とされます。

    神戸山手西洋人住居

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス