Language
English
簡体中文
한국어
  • 団体向け情報
  • お問い合わせ
寄附の募集

寄附の募集

寄附金募金趣意書

 明治時代は、日本が長い鎖国の夢から開放され、欧米文化を吸収して、一躍世界の先進国と比肩するにいたった時代であるとともに、数々の矛盾や二重構造を内蔵しつつも、急速に近代国家へと脱皮した、わが国の輝かしい隆盛期として、国民のひとしく忘れることのできない時代です。しかしながらこれらの貴重な資料の保存活用については、案外なおざりにされがちなことは極めて遺憾なことであります。
 公益財団法人明治村は、こうした明治時代の各種の歴史資料を収集管理して博物館を設置し、広く一般に公開するとともに、明治の新しい精神に立脚した社会教育の振興により、国民大衆に歴史の指針を与え、その一般教養の充実を図ることによって、文化の向上に寄与することを目的とする事業を行ってまいりました。
 平成27年3月18日には、昭和40年の開村から50周年を迎え、村内の歴史的建造物は67件を数えており、建物のうち10棟は重要文化財に指定されるなど、明治村の博物館としての価値は更に高まりつつあると言えます。
 一方で、村内建造物は殆どが築後100年を超えており、瓦の割れ、壁・土台の剥離などによる雨水の侵入や、耐震補強を必要とするものなど、日常的な修繕では改善することができず、今後、順次根本的な修理をしていく必要性に迫られております。そのための保存修理費用は、建物ごとの状態によるため、一概には見積ることができませんが、明治村を代表いたします帝国ホテル中央玄関で十数億円を要する見込みで、67件全部を一巡しますと、数百億円にのぼると想定されております。
 このような状況のもと、今後も当財団の事業を確実かつ永続的に達成し、1世紀を越える歴史的建造物がもつ本物の価値を残す、伝えるために、共感者からのご厚志を募ることと致しました。なお、公益財団法人へのご寄附は、税制上、寄附金控除の適用を受けることができます。
なにとぞ、ご支援賜わりますよう心からお願い申し上げます。

平成27年7月吉日

公益財団法人明治村
理事長 山本亜土

「特定公益増進法人」認定以後、皆さまからの寄附金を原資の一部として復原・修復された建造物

  • 高田小熊写真館(増築) 【平成19年3月竣工】
  • 芝川又右衛門邸 【平成19年9月竣工】
  • 北里研究所本館・医学館(修理)【平成22年10月竣工】
  • 学習院長官舎(修理)【平成23年12月竣工】
  • 西園寺公望別邸 『坐漁荘』(修理)【平成26年2月竣工】
  • 亦楽庵(修理)【平成26年2月竣工】
  • 隅田川新大橋(修理)【平成27年2月竣工】
  • 蒸気機関車(修理・点検実施中)
  • 京都市電(修理・点検実施中) 

 

寄附要項

寄附方法

  1. ご随意の金額のご寄附

    ※個人の所得税控除は2,000円以上のご寄附からが対象となります。

     

    ~~~ 現在の活動内容 ~~~

    ● 一般寄附募金

    明治村浪漫募金PDF

    ● 保存修理工事中または工事予定の建物に対する寄附 【PDF

    ● 蒸気機関車・京都市電動態展示募金 【PDF

    ● 自動販売機募金 【PDF

     

  2. 寄附の対象(いずれかを選択)
    1. (1)当法人の主たる事業全般
    2. (2)博物館明治村に保存展示されている建造物(建物のりもの)の保存修理

      • ※寄附の際、建造物をご指定ください。次回の保存修理工事まで大切に預金をさせていただきます。
      • ※「明治村浪漫募金」は、博物館明治村の受付窓口(正門・ミュージアムショップ・北口・SL東京駅売店・近衛局本部付属舎)にて受付しております。(平成26年3月より「東山梨郡役所アートショップ」の受付窓口は、「近衛局本部付属舎」へ変更となりました。)

 

 その他

寄附者について

復原・修復などに対して一定のご芳志を頂戴いたしました方々はコチラ


  

寄附金の送金方法など詳細は下記までお電話かメールでお問合せください

公益財団法人明治村
〒484-0000 愛知県犬山市字内山1番地
TEL:0568-67-0314 FAX:0568-67-0358
寄附担当