Language
English
簡体中文
한국어
  • 団体向け情報
  • お問い合わせ
蒸気機関車12号・9号・三等客車

蒸気機関車12号・9号・三等客車

4丁目43番地

蒸気機関車12号

明治のはじめ、煙をあげて走る蒸気機関車を「陸蒸気」と呼んだ。明治村の「なごや」駅と「とうきゃう」駅の間を連日走行している機関車は2両ある。そのうちの一両、蒸気機関車12号は鉄道開業の2年後、1874(明治7)年イギリスから輸入されたものである。輸入当初の車輌番号は23、新橋―横浜間を走り、明治42年の車輌の改番で165となり、明治44年に尾西鉄道に払い下げられ、12号となった。
尾西鉄道と名古屋鉄道が合併した後も、番号はそのまま引き継がれ、昭和32年まで使用されていた。

製造所 イギリス シャープ・スチュアート社(Sharp Stewart & Co.)
長さ 7,995mm
重さ 空車時17.49t、運転整備時21.43t
形式 1B形タンク式

蒸気機関車9号

1912(明治45)年に米国ボールドウィン社にて製造され、1913(大正2)年より富士身延鉄道にて富士-大宮町(現:富士宮)間において運行。1936(昭和11)年、日本鋼管鶴見製鉄所(現:JFEエンジニアリング㈱鶴見事業所)に移籍・使用した後、1973(昭和48)年、明治村に譲渡された。

 

SL9号の愛称 『ジョージ9(ナイン)』

2015年3月15日(日)に開催した「SL9号運行再開出発式」にてSL9号の愛称を広く募集し、1,000通を超える応募の中から三重県の山田貴子様に発案していただきました『ジョージ9(ナイン)』に決定致しました。

 

製造所 アメリカ ボールドウィン社(Baldwin Locomotive Works)
長さ 8,065mm
重さ 空車時19.3t、運転整備時23.05t
形式 C形タンク式

 

三等客車ハフ11・13・14

明治村で使用している客車は3両あり、そのうちハフ11は青梅鉄道で「メ4」として使われた後、大正13年に山形県高畠鉄道に譲渡され「ハ2」となり、さらに昭和11年秋田県雄勝鉄道で「ハフ11」として使用された。また、ハフ13・14は新宮鉄道で使用され、同鉄道の国有化に伴い鉄道省の所属に、その後昭和17年ハフ11と同様雄勝鉄道に移り、「ハフ13・14」となった。

三等客車ハフ11 明治41年 天野工場製 長さ8,270mm
三等客車ハフ13・14 明治45年 新宮鉄道株式会社製 長さ9,595mm
  • 総合案内板
  • イベントカレンダー
  • 新着情報
  • はじめてのお客様へ
  • 村内地図