MENU

見る・知る

日本の近代化の一端を担ったガラス工場

工部省品川硝子製造所

この建物はガラス工場施設の一部で、当時は大きな窯場や倉庫が隣接していました。明治政府は、明治9年(1876)に民営のガラス工場、品川興行社を買い上げて国営工場としました。施設を拡張・整備し、イギリス人の技術者たちを雇い入れて、需要の急増した板ガラスやガラス瓶などの国産化を急ぎました。
明治18年(1885)には再び民間のガラス会社に移管され、明治41年(1908)には高峰譲吉が共同出資した三共合資会社が買収して、タカジアスターゼ(胃薬)などを作る製薬工場になりました。いろいろな変遷を経てきた建物ですが、明治初期の洋式煉瓦造工場の姿をよく伝えています。

建設年 明治10年(1877)頃
村内所在地 4丁目45番地
旧所在地 東京都品川区北品川
文化財種別 登録有形文化財
登録年 平成16年(2004)
解体年 昭和43年(1968)
移築年 昭和44年(1969)

目次 - Index -

    鑑賞ポイント

    小規模ながら本格的なレンガ造建築

    建物は、イギリス積みのレンガ壁と瓦葺きの屋根が特徴です。
    窓はアーチ式のものが中心ですが、右側3分の1ほどにはまぐさ式開口も設けられています。この部分の内部に、中2階の床があるためです。

    建物の内部は、間仕切りのない一室空間。片側の約3分の1のスペースに中2階が設けられ、厚いレンガの壁に梁を差し込んで床を支えています。小屋組は典型的なキングポストトラスで、建物の上には、換気用の越屋根(こしやね)が載せられています。

    村内 Googleマップ

    村内の場所

    ストリートビューで見学

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス