村内MAP 寄付する

MENU

見る・知る

耐火性に優れた土蔵造りの銀行

安田銀行会津支店

会津若松市に建てられた旧安田銀行の若松支店。黒漆喰塗りの土蔵造りで、寄棟屋根に赤味がかった塩焼き瓦が葺かれています。室内は吹き抜けになっており、営業室の上にはギャラリーがあります。伝統的な土蔵造りの意匠をベースにしつつ、玄関ポーチや石積みの腰壁、営業室のカウンター、ギャラリーを支える円柱などには、洋風意匠が巧みに取り入れられています。

建設年 明治40年(1907)
村内所在地 2丁目20番地
旧所在地 福島県会津若松市大町
文化財種別 登録有形文化財
登録年 平成15年(2003)
解体年 昭和38年(1963)
移築年 昭和40年(1965)

目次 - Index -

    鑑賞ポイント

    ポイント01|銀行としての信頼性を表す堅牢な造り

    土蔵造りという建築構造は江戸時代から始まり、大正時代に鉄筋コンクリート造りが普及するまで多くの建物に用いられました。明治時代には、耐火性に優れていることから、数多くの店舗が土蔵造りで建てられました。この安田銀行では、東北14店舗のうち実に9店舗が土蔵造りでした。

    外から見える木造部分をすべて黒漆喰で塗り籠めて、また西面の腰壁を海鼠(なまこ)壁仕上げにするなど、基本的な造りは、伝統的な耐火建築の土蔵造りによるもの。また玄関の庇を受ける独立柱を石製の角柱にするなど、防火に対する備えが徹底された建物です。当時は、店舗の風水害や火災などに対する備えこそ、庶民が外見から知りうる、銀行への信頼度の目安になっていました。

    この建物は屋根に赤みを帯びた瓦を葺かせており、伝統的な仕様が目立ちます。

    ポイント02|美しい光沢のある黒漆喰の壁

    外壁の黒漆喰は、油煙から作った灰墨(はいずみ)を混ぜて仕上げた塗料で、磨き上げると鏡のような光沢が出る特徴も。側面の美しい海鼠(なまこ)壁も、見どころの一つです。

    Check!

    屋根の塩焼き瓦は、寒さの厳しい会津地方に多く見られるものです。

    ポイント03|内外の細部に施された洋風の意匠

    伝統的な建築仕様が目立つ一方で、玄関庇の中心飾りや、石柱の土台である柱礎の複雑な装飾、1階正面の腰壁の石積みなどには、洋風建築を意識した意匠が見られます。

    室内にも洋風の要素があります。カウンターの上に立つ木製の円柱は、溝彫り(みぞぼり)と、足元の柱礎に彫刻が施された洋風のもの。
    また天井一面には、漆喰の彫刻が施されています。客溜(ロビー)の上はギャラリーとなっていて、全体的に洋風の特色が強く出ている空間に仕上がっています。

    Check!

    玄関にある天井の中心飾りや、軒先の瓦には、安田銀行創業以来の行章である「分銅に三」のマークが見られます。「分銅の三」の「三」は、創業者である安田善次郎の祖先が、平安時代の高名な学者「三善清行」にあたることが由来。江戸時代からの両替商の印「分銅」に、この三善の「三」を組み合わせて、行章の「分銅に三」となったのです。

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    建造物

    京都市下京区七条通りの西本願寺前に建てられた巡査派出所。敷地は西本願寺から無償で提供され、建築費は町内の寄附でまかなわれたといいます。
    建物は、木造の平屋建て。腰壁の上を赤レンガのタイル張りとし、モルタル洗い出しの白色の帯と、窓欄間(らんま)の額縁がアクセントになっています。屋根は下部を折ってなだらかな勾配とし、軽快な持ち送りで軒を受けています。隅切りを設けた玄関には、蒲鉾(かまぼこ)形の庇も。内部には詰所と宿直室の2室があります。

    京都七条巡査派出所

    建造物

    京都市の御幸町通に建てられた造り酒屋。中井家は、江戸時代の天明7年(1787)に河原町三条で商売を始めました。その後、享和3年(1803)に御幸町通に移転したものの、当時の建物は元治元年(1864)に長州藩と会津・薩摩両藩が衝突した「禁門の変」で焼失。後に再建されたものが、この建物です。
    木造2階建ての桟瓦葺き。京都独特の低い軒にゆるい勾配のむくり屋根をもち、漆喰塗りの壁には虫籠(むしこ)窓が開けられています。出入口は、酒屋格子をはめた無双(むそう)窓。間口が狭く奥行きの深い町家建築で、中央に土間が通されています。土間の左側が座敷で住居部分、右側の作業場は小屋裏までの吹き抜けになっており、縦横の小屋組が目を引きます。

    京都中井酒造

    重要文化財 / 建造物

    明治11年(1878)に施行された「郡区町村編成法」により、県令(後の県知事)の任命する郡長が、郡内の行政を指揮監督することになり、各地に郡役所が置かれました。東山梨郡では、明治18年(1885)にこの建物が日下部村に落成。当時の山梨県令であった藤村紫朗は、地元に多くの洋風建築を建てさせたといいます。この役所もその一つでした。山梨県には県令の藤村紫朗の意向で、当時としてはハイカラな、いわゆる擬洋風建築がたくさん造られました。この建物は、その代表格といえるでしょう。
    建物は中央部分が2階建て(洋小屋)、左右翼部が平屋建て(和小屋)になっていて、小屋組の架構が複雑なのも特徴です。

    東山梨郡役所

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス