村内MAP 寄付する

MENU

見る・知る

牛肉販売が始まる波に乗り、神戸で開業

大井牛肉店

神戸市中央区元町の相生橋東詰に建てられた牛肉屋兼牛鍋屋。牛肉は日本では禁忌とされてきましたが、幕末より、神戸をはじめとした各地の居留地に住む外国人や寄港する外国船に向けた供給が必要に。明治の新たな商売として、牛肉販売に注目した岸田伊之助(1849-1928)が、神戸の地で牛肉商を始めるために建てたのがこの建物でした。
建物は木造2階建てですが、胴蛇腹と軒蛇腹をめぐらせた漆喰塗りの外壁に目地を入れることで、まるで石造建築のように見せています。半円アーチの上げ下げ窓とコリント式の装飾柱、2階ベランダの洋風デザインは、当時の神戸に多く見られた外国商館を彷彿とさせます。

建設年 明治20年(1887)頃
村内所在地 1丁目2番地
旧所在地 神戸市中央区元町通
文化財種別 登録有形文化財
登録年 平成15年(2003)
解体年 昭和41年(1966)
移築年 昭和43年(1968)

目次 - Index -

    鑑賞ポイント

    ポイント01|1階を店舗、2階を客室として利用

    1階は入ってすぐの土間が店舗部分で、帳場があり、奥には和室と土間の通路が続きます。帳場の脇に2階への階段がありますが、敷地面積の狭さのためか、かなりの急勾配になっています。2階は当初は洋間で広間と小部屋があり、床は板敷き。2階はすべて客室で、上客の会食に使われていました。

    ポイント02|外国商館が建ち並ぶ街にふさわしい外観

    神戸は横浜、長崎に次いで慶応3年(1867)に開港した港町です。外国船が寄港し、外国人居留地には多くの外国人住居が建設されたこともあり、外国人相手の商売が育っていきました。この牛肉店もそのひとつ。外国商館が建ち並ぶ元町の一角に、洋風の外観で造られました。

    Check!

    1、2階ともにコリント式の柱頭のある柱が並び、2階の柱には溝彫り(フルーティング)も施されています。

    ポイント03|洋風意匠の中に異彩を放つ玄関

    入口庇は「むくり破風(はふ)」と呼ばれる銅板葺き。庇の下に鶴が一羽飾られており、建物全体の意匠とは異質な和風造作になっています。その下には金の浮き文字看板を掲げます。入口は大幅に改造されていたため、古写真によって復原しました。

    村内 Googleマップ

    村内の場所

    ストリートビューで見学

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    建造物

    この建物は、明治20年(1887)皇宮警察署庁舎として着工されたものですが、工事中に用途が変更され、宮城の守護と儀仗に当たる近衛局(明治22年に近衛師団と改称)の本部となったもの。付属舎であるこの建物は、その右側にあるに2階建て本館と湯沸所兼渡り廊下でつながっていました。皇居内の隣接する宮内庁庁舎は、ジョサイア・コンドル(1852-1902)の設計によるものですが、この近衛局に関しては設計者は明らかになっていません。明治44年(1911)に師団本部が移転したため、皇宮警察本部がここに移り、坂下護衛所として使用されました。
    建物は木造平家建ての瓦葺きで、内と外の壁は白漆喰で塗られています。基壇は石造で、アーケード式のベランダが軽快な印象を与えます。

    近衛局本部付属舎

    建造物

    高等学校令により名古屋に開校された第八高等学校正門。赤煉瓦と白御影石を積み、扉、柵に鉄材を軽やかに使ったデザインは、明治期に導入されたネオ・ルネッサンス様式です。
    明治42年(1909)に建造されて以来、わが国の学校制度改革と運命を共にした由緒ある教育の門でもあります。昭和24年(1949)の学制改革で新制名古屋大学教養部の正門となり、ついで昭和40年(1965)に校舎が名古屋市立大学に移管され、正門もまた名古屋市の所有になりました。その後取り壊される運命となり、今度は明治村正門としてお客様を迎えることとなりました。

    第八高等学校正門

    重要文化財 / 建造物

    三重県令(現在の知事)岩村定高の発案による洋風県庁舎。明治13年(1880)には明治天皇も行幸され、昭和39年(1964)まで使用されました。明治政府が急速に地方行政の整備を進めると県令はこのような洋風庁舎を新築することが多くなりました。三重県庁舎は、間口が54mに及ぶ大きな建物で、玄関を軸に左右対称となっており、正面側に2層のベランダがめぐらされています。 中央に玄関と車寄を置き、前面にベランダをつけて左右対称とする構成は、明治9年(1876)に建てられた内務省庁舎にならったもので、明治初期の木造官庁舎の典型といえます。
    設計者は当時、県の土木掛にいた大工の清水義八。清水はその後、同市内に造られた三重県尋常師範学校・蔵持小学校(1丁目3番地)も手がけました。

    三重県庁舎

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス