MENU

見る・知る

政府が集めた蔵書を守った重厚な図書館

内閣文庫

明治政府が中央図書館として建てた内閣文庫庁舎の主屋部分。内閣文庫とは明治6年(1873)、赤坂離宮内に「太政官文庫」という名で開設された明治政府の図書館です。江戸幕府から引き継いだ古文書に加え、各地の古文書や海外の書籍が買い足され、蔵書の内容は充実していきました。
設計者は後に国会議事堂の建設を指揮することになる大熊喜邦。ルネッサンス様式を基調とした石と煉瓦で造られた建築で(移築時に構造は鉄筋コンクリート造に変更)、4本の円柱と2本の角柱が巨大なペディメントを受けている正面は、古代ギリシャ・ローマの神殿建築を思わせる姿です。この事務棟の背後に煉瓦造の書庫棟が建っていました。

建設年 明治44年(1911)
村内所在地 5丁目59番地
旧所在地 東京都千代田区千代田
文化財種別 登録有形文化財
登録年 平成16年(2004)
解体年 昭和59~60(1984~85)
移築年 平成2年(1990)

目次 - Index -

    鑑賞ポイント

    ポイント01|ルネサンス様式を基調とする意匠

    もともとはレンガ躯体に安山岩系の月山石を組み入れたレンガ造建築で、外壁の仕上げは、1階を筋状に目地を切りモルタル塗りに、2階を白タイル張りとしています。

    正面中央にはドリス式による半円柱4本を構え、隅には角柱を配置。唐草模様のペディメント(切妻壁)の中央にはメダリオンを添えます。
    日本人建築家が習熟に務めた西洋建築の様式がいかんなく表現されています。

    Check!

    中央部には小さなドームがのっています。これもルネッサンス様式を基調としているといえる一つのポイントです。

    ポイント02|内部の意匠も一級品

    内部は上下階とも同型で、正面にホールと階段室、両翼への廊下、奥に大部屋、翼屋の端に小部屋が並んでいます。

    玄関ホールと階段室の周りの造作は、ケヤキ材が用いられ漆拭きで仕上げられています。白漆喰塗りの壁、天井、天井蛇腹とともに、重厚でありながらどこか素朴さも併せ持ち、品のある空間になっています。

    Check!

    エントランスを含むすべての部屋の天井には中心飾りが付けられています。

    ポイント03|部屋ごとに材料の違う暖炉枠

    主な部屋には暖炉があり、それぞれケヤキ、白大理石、人造石などの暖炉枠が付けられています。蔵書を守るための堅牢さを旨とする建築でありながら、それだけに終わらない細部へのこだわりが、この建築の神髄かもしれません。

    村内 Googleマップ

    村内の場所

    ストリートビューで見学

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    建造物

    金沢監獄は明治5年(1872)制定の「監獄則並図式」に沿って造られた監獄。八角形の看守所を中心に5つの監房棟が放射状に並ぶ洋式の配置でした。そのうち中央看守所と独居房として使用された監房の一部分が移築されました。なお中央に置かれている監視室は網走監獄で使用されたものです。
    監視室からは各監房棟の中廊下が一望に見渡せ、外部については看守所上部の見張り櫓から監獄全域の状況を把握できるため、管理上非常に効果的でした。

    金沢監獄中央看守所・監房

    建造物

    愛知県刈谷市にあった広瀬酒造の酒蔵。もともとは明治初年(1868)頃に、現在の愛知県碧南市新川に穀物倉として建てられ、明治28年(1895)に刈谷市に移されました。
    一般的に、酒蔵は醸造の過程と用途にもよるものの、おおむね大規模な建物になることが多いといわれます。この酒蔵も例にもれず、木造2階建ての桟瓦葺きに梁間9間(約16.3m)、桁行き18間(約32.7m)、幅2間(約3.6m)の庇がついた大きな建物になっています。

    菊の世酒蔵

    建造物

    名古屋市内では京都市電に遅れること3年、明治31年(1898)に開通した名古屋電気鉄道により、市内電車が走り始めました。同社はその後も尾張地区に路線を伸ばし、大正元年(1912)には犬山線を開通。その時に建てられたのが、この「岩倉変電所」です。
    建物は、内部に大きな変電用機械が入れられるように、背の高いレンガ造りに。出入り口や縦長の大きな窓は、半円のアーチ型。褐色の塩釉系のレンガを、上下4段の帯に入れています。建物四隅にはバットレス(控壁)が取り付きます。

    名鉄岩倉変電所

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス