村内MAP 寄付する

MENU

見る・知る

和洋の意匠が大胆に織り込まれた学校建築

三重県尋常師範学校・蔵持小学校

この建物は当初、小学校教師の養成を目的とする三重県尋常師範学校の本館として津市に立てられ、その後、昭和3年(1928)名張市に移築されて蔵持小学校として使われました。左右対称形のE字型の校舎の一部、特色ある中央玄関部と右翼の2教室のみが移築されました。
建物は、木造2階建て、桟瓦葺きで、外壁は玄関部が漆喰塗り、教室部分は下見板張りになっています。設計者は、三重県庁舎(1丁目13番地)と同じく清水義八。玄関のアーケード、2階に設けられたベランダ、教室部の窓などに洋風建築の特徴が見られます。

建設年 明治21年(1888)
村内所在地 1丁目3番地
旧所在地 三重県名張市蔵持
文化財種別 登録有形文化財
登録年 平成15年(2003)
解体年 昭和47年(1972)
移築年 昭和48年(1973)

目次 - Index -

    鑑賞ポイント

    ポイント01|和と洋を取り混ぜた意匠の数々

    屋根は桟瓦葺き、中央棟前後の入母屋破風(はふ)は和風の植物彫刻で縁取ったもの。破風の中央部に懸魚様(げぎょよう)のような飾りを吊り、その中心に菊の御紋章を掲げています。軒先の持ち送り、胴蛇腹下の小壁の飾り板、玄関ポーチと背面1階廊下のトスカナ式列柱、玄関ポーチの三心アーチとその装飾など、和風と洋風を自在に取り混ぜたデザインは必見!
    特に、正面鬼瓦、三心アーチ下端の受けなどは、寺社で用いられるような細部の意匠に似ています。

    Check!

    玄関部と1階廊下にトスカナ式円柱を配し、入母屋破風とポーチ三心アーチを植物意匠で飾っています。

    Check!

    玄関ホール奥から2階への階段口の柱は、1本だけ異質な柱です。フルーティング(溝彫り)が施され、柱頭にはアカンサスを模した葉飾りが付いています。

    ポイント02|懐かしさあふれる教室

    黒板に教壇に教卓、それに小学生サイズの椅子と机。懐かしい小学校の教室が再現されています。

    移築秘話

    三重県津市から名張市を経て明治村へ

    昭和3年(1928)、新校舎建設のため三重県多賀郡蔵持村(現 名張市蔵持町)に売却・移築されて蔵持小学校となりました。さらに昭和47年(1972)、蔵持小学校の新校舎建設のため取り壊しが決まり、明治村に移築されることになりました。同年に解体輸送し、昭和48年(1973)3月18日に展示公開。移築にあたっては、特色ある中央玄関部分と右翼の二教室分のみ建築保存しています。

    村内 Googleマップ

    村内の場所

    ストリートビューで見学

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    建造物

    東京目白の学習院敷地内に建てられた院長官舎。学習院は江戸末期に京都で始まり、皇室や華族の子弟を教育する学校として明治10年(1877)に創立。明治17年(1884)、宮内省所管の官立学校として発足しました。当初は千代田区神田錦町にありましたが、麹町、四谷を経て、明治41年(1908)にまだ郊外であった目白に移転しました。この官舎が建てられたのは、目白に移転した翌年のことです。
    当時の学習院院長は、第10代にあたる乃木希典。希典は日露戦争の終結後、明治39年(1906)に軍事参議官という閑職に補せられ、翌40年(1907)1月から学習院長を兼任することとなりました。
    建物は木造で、2階建ての和館と洋館が接続した形。洋館部分は、執務室・応接室・大広間からなり、公的なスペースとして使われていたようです。設計者は、文部省技師久留正道であることがわかっています。

    学習院長官舎

    建造物

    この建物は、明治20年(1887)皇宮警察署庁舎として着工されたものですが、工事中に用途が変更され、宮城の守護と儀仗に当たる近衛局(明治22年に近衛師団と改称)の本部となったもの。付属舎であるこの建物は、その右側にあるに2階建て本館と湯沸所兼渡り廊下でつながっていました。皇居内の隣接する宮内庁庁舎は、ジョサイア・コンドル(1852-1902)の設計によるものですが、この近衛局に関しては設計者は明らかになっていません。明治44年(1911)に師団本部が移転したため、皇宮警察本部がここに移り、坂下護衛所として使用されました。
    建物は木造平家建ての瓦葺きで、内と外の壁は白漆喰で塗られています。基壇は石造で、アーケード式のベランダが軽快な印象を与えます。

    近衛局本部付属舎

    建造物

    皇居造営にともない架け替えられた二重橋には、橋の西側両端に並んで4基の飾り電灯がつけられていました。明治村には、そのうちの一つが移築されています。
    飾り電灯は、高さ5.2mの鋳鉄製でドイツのHARKORT社によって製造さられました。安定した重厚な基部が軸部を支え、軸部から出た葉文様の丸鋼で出来た4本の枝が軽々と大きなグローブを吊り下げています。
    飾り電灯の周りを囲む鉄柵には、二重橋とそのたもとにあった唐草模様の鋳鉄製欄干を利用しています。

    二重橋飾電燈

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス