MENU

見る・知る

多くの方のご支援で甦ったオルガンの音色

リードオルガン(Clough & Warren 社製)

日本で現存する最大級のリードオルガン。
1965年、聖ヨハネ教会堂の博物館明治村への移築と同時に寄贈されたオルガンです。
しかしながら、オルガンはその前から音が出ず、以降50年以上にわたって、見るだけのオルガンとして展示されていました。

製作年代 1890年代
製作者 Clough & Warren 社(アメリカ・ミシガン州デトロイト市)
展示場所 1丁目6番地(聖ヨハネ教会堂)

目次 - Index -

    この写真は博物館明治村へ寄贈される前の教会堂の様子です。右端にオルガンが写っていますが、演奏する楽器というよりは、写真のように上部にパイプを飾り、パイプオルガンに見えるように置かれていました。

    2018年、博物館明治村では明治改元150年事業として、このオルガンを修理すべくクラウドファンディングを立ち上げたところ、多くの方々のご支援により、クラウドファンディングは成立し、2019年にオルガンの修理を無事終えることができました。その後、支援者向けのお礼コンサート、一般の方向けのコンサートを開催し、見学者の方々に甦ったオルガンの音色をお楽しみいただいています。

    このオルガンを製作したメーカー、Clough & Warren 社はアメリカ・ミシガン州のデトロイトにあったオルガンメーカーです。
    このメーカーオルガンの機能面への工夫と、装飾の美しさから、生産台数を伸ばし、アメリカ国内のみならず、ヨーロッパ・アジアへも販路を広げましたが、不幸なことに社屋を火災で失ってからは、下降の一途をたどり、1923年に廃業しました。

    このオルガンには椅子と一体型になった足鍵盤がついています。奏者が足鍵盤を用いて演奏すると、ペダルから空気を送り込めなくなるため、オルガン背面に取り付けられているレバーを上下することで、空気入れで風船を膨らませるように空気を送り込みます。これはカルカントと呼ばれるふいご職人が行います。
    足鍵盤の中にも、リードが入っているのもこのオルガンの特徴のひとつです。

    鍵盤部分。F(ファ)から始まる61鍵の鍵盤。
    鍵盤の上には、23個のストップ(音栓)があります。ストップは音色を変えたり、音の効果を高めるものです。現在確認されている国内のリードオルガンの中で、最もストップの数が多いオルガンの一つです。

    オルガンに内蔵されているQualifing Tubeと名付けられた共鳴装置。
    この共鳴装置があることで、このオルガンの音色をふくよかなものにしています。

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    建造物

    この建物は当初、小学校教師の養成を目的とする三重県尋常師範学校の本館として津市に立てられ、その後、昭和3年(1928)名張市に移築されて蔵持小学校として使われました。左右対称形のE字型の校舎の一部、特色ある中央玄関部と右翼の2教室のみが移築されました。
    建物は、木造2階建て、桟瓦葺きで、外壁は玄関部が漆喰塗り、教室部分は下見板張りになっています。設計者は、三重県庁舎(1丁目13番地)と同じく清水義八。玄関のアーケード、2階に設けられたベランダ、教室部の窓などに洋風建築の特徴が見られます。

    三重県尋常師範学校・蔵持小学校

    重要文化財 / 建造物

    西郷隆盛の弟、西郷従道が建てた住宅のうち、接客用に設けられた洋館。従道は陸海軍の大臣を歴任していたため、在日外交官の来客も多く、明治22年(1889)には明治天皇の行幸も仰ぎました。
    設計にはフランス人レスカスが関与していると伝えられ、建築金具や階段などをフランスから取り寄せているほか、2階には日本三景が描かれた陶坂で飾った暖炉も設置されています。
    この建物は耐震性を高める工夫がなされています。屋根には軽い銅板が葺かれ、野地板が斜めに張られているほか、外壁は柱間に落とし込んだ本実下見板張りとなっています。

    西郷從道邸

    常設展示

    博物館明治村では、1909(明治42)年に竣工した「東宮御所(現 迎賓館 赤坂離宮)」創建当初の家具を数多く所蔵しています。創建当初に撮影された写真とともに、華麗な家具をお楽しみください。

    常設展示 明治の宮廷家具

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス