村内MAP 寄付する

MENU

見る・知る

多くの方のご支援で甦ったオルガンの音色

リードオルガン(Clough & Warren 社製)

日本で現存する最大級のリードオルガン。
1965年、聖ヨハネ教会堂の博物館明治村への移築と同時に寄贈されたオルガンです。
しかしながら、オルガンはその前から音が出ず、以降50年以上にわたって、見るだけのオルガンとして展示されていました。

製作年代 1890年代
製作者 Clough & Warren 社(アメリカ・ミシガン州デトロイト市)
展示場所 1丁目6番地(聖ヨハネ教会堂)

目次 - Index -

    この写真は博物館明治村へ寄贈される前の教会堂の様子です。右端にオルガンが写っていますが、演奏する楽器というよりは、写真のように上部にパイプを飾り、パイプオルガンに見えるように置かれていました。

    2018年、博物館明治村では明治改元150年事業として、このオルガンを修理すべくクラウドファンディングを立ち上げたところ、多くの方々のご支援により、クラウドファンディングは成立し、2019年にオルガンの修理を無事終えることができました。その後、支援者向けのお礼コンサート、一般の方向けのコンサートを開催し、見学者の方々に甦ったオルガンの音色をお楽しみいただいています。

    このオルガンを製作したメーカー、Clough & Warren 社はアメリカ・ミシガン州のデトロイトにあったオルガンメーカーです。
    このメーカーオルガンの機能面への工夫と、装飾の美しさから、生産台数を伸ばし、アメリカ国内のみならず、ヨーロッパ・アジアへも販路を広げましたが、不幸なことに社屋を火災で失ってからは、下降の一途をたどり、1923年に廃業しました。

    このオルガンには椅子と一体型になった足鍵盤がついています。奏者が足鍵盤を用いて演奏すると、ペダルから空気を送り込めなくなるため、オルガン背面に取り付けられているレバーを上下することで、空気入れで風船を膨らませるように空気を送り込みます。これはカルカントと呼ばれるふいご職人が行います。
    足鍵盤の中にも、リードが入っているのもこのオルガンの特徴のひとつです。

    鍵盤部分。F(ファ)から始まる61鍵の鍵盤。
    鍵盤の上には、23個のストップ(音栓)があります。ストップは音色を変えたり、音の効果を高めるものです。現在確認されている国内のリードオルガンの中で、最もストップの数が多いオルガンの一つです。

    オルガンに内蔵されているQualifing Tubeと名付けられた共鳴装置。
    この共鳴装置があることで、このオルガンの音色をふくよかなものにしています。

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    建造物

    この建物は当初、小学校教師の養成を目的とする三重県尋常師範学校の本館として津市に立てられ、その後、昭和3年(1928)名張市に移築されて蔵持小学校として使われました。左右対称形のE字型の校舎の一部、特色ある中央玄関部と右翼の2教室のみが移築されました。
    建物は、木造2階建て、桟瓦葺きで、外壁は玄関部が漆喰塗り、教室部分は下見板張りになっています。設計者は、三重県庁舎(1丁目13番地)と同じく清水義八。玄関のアーケード、2階に設けられたベランダ、教室部の窓などに洋風建築の特徴が見られます。

    三重県尋常師範学校・蔵持小学校

    建造物

    東京目白の学習院敷地内に建てられた院長官舎。学習院は江戸末期に京都で始まり、皇室や華族の子弟を教育する学校として明治10年(1877)に創立。明治17年(1884)、宮内省所管の官立学校として発足しました。当初は千代田区神田錦町にありましたが、麹町、四谷を経て、明治41年(1908)にまだ郊外であった目白に移転しました。この官舎が建てられたのは、目白に移転した翌年のことです。
    当時の学習院院長は、第10代にあたる乃木希典。希典は日露戦争の終結後、明治39年(1906)に軍事参議官という閑職に補せられ、翌40年(1907)1月から学習院長を兼任することとなりました。
    建物は木造で、2階建ての和館と洋館が接続した形。洋館部分は、執務室・応接室・大広間からなり、公的なスペースとして使われていたようです。設計者は、文部省技師久留正道であることがわかっています。

    学習院長官舎

    建造物

    明治41年(1908)に竣工した赤坂離宮(現迎賓館)の正門に、警護のために設けられた4基(左右内外で計4基)の哨舎(しょうしゃ)の一つ。
    赤坂離宮は、当時皇太子であった大正天皇のために建てられた東宮御所で、明治時代を代表する洋風建築です。日本における唯一のネオ・バロック様式の洋風宮殿であり、内外とも当時の技術・工芸の粋が集められています。本館前には広大な西洋式庭園も造られ、警備のために皇宮警察警手が詰める哨舎が配されていました。哨舎は木造銅板葺き、八角形の平面で、洋風の正門にあわせて白壁に丸屋根、頂上に飾りをのせた洒落たデザインになっています。
    設計者は片山東熊(1854-1917)で、工部大学校造家学科で英人建築家コンドルの教えを受けた、第1回卒業生4名のうちの一人でした。

    赤坂離宮正門哨舎

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス