• メイジノオト
  • 江戸川乱歩は名古屋人?!栄にある「江戸川乱歩旧居跡記念碑」の秘密

江戸川乱歩は名古屋人?!<br>栄にある「江戸川乱歩旧居跡記念碑」の秘密

CATEGORY:
おでかけ 文学

2022/04/01

江戸川乱歩は名古屋人?!
栄にある「江戸川乱歩旧居跡記念碑」の秘密

メイジノオト編集部

記者

メイジノオト編集部

「人間椅子」「芋虫」「怪人二十面相」などの作品で知られる探偵小説作家・江戸川乱歩。
三重県名張市で生まれ、名古屋市で少年時代を過ごした名古屋人であることは、あまり知られて
おらず、みなさんも”東京人”のイメージが強いのではないでしょうか。

そんな、江戸川乱歩が残した業績とともに、乱歩が名古屋人であったことを広めるために建てら
れたのが「江戸川乱歩旧居跡記念碑」です。

 

江戸川乱歩はどんな人?

まずは改めて江戸川乱歩についてご紹介します。

江戸川乱歩(本名・平井太郎)は、日本の探偵小説界に大きな影響を与えた探偵小説作家です。
「明智小五郎」「怪人二十面相」「小林少年」「少年探偵団」など、誰もが一度は聞いたことのある
ヒーローキャラクターの生みの親でもあります。

そして、日本に探偵小説(ミステリー)というジャンルを生みだし、現在の一大ジャンルまで育てあ
げた立役者です。怪奇・幻想小説の分野に残した功績も多大であり、現在も多くの作品が定番の
名作として読み継がれています。

 

江戸川乱歩旧居跡記念碑建立プロジェクト

そんな、江戸川乱歩が育った場所が、まさにここ名古屋市です。乱歩は3歳から18歳までを当地
で過ごしましたが、そのことは全国的にもここ名古屋においてもほとんど知られていません。

偉大な探偵小説作家であった乱歩が名古屋人であったことを業績も含め多くの方々に知ってもら
うため、乱歩の通った旧制愛知五中(現愛知県立瑞陵高校)・早稲田大学卒業生(名古屋稲門ク
ラブ)、および乱歩研究者が「江戸川乱歩旧居跡記念碑建立実行委員会」を2017年に発足させ、
2019年には地元栄町商店街振興組合も参加しました。

約一年半かけて乱歩の旧居地を特定し、居宅があった場所に近い広小路通沿いの商業施設「ス
カイル」前に記念碑は設けられることになりました。各関係団体からの支援とクラウドファンディン
グによって2020年10月に江戸川乱歩旧居跡記念碑が完成しました。

現在、乱歩が一番長く住んだ南伊勢町(スカイル前)に、「江戸川乱歩旧居跡記念碑」が建てられ
ています。

「江戸川乱歩旧居跡記念碑」は、闇に消えていく怪人二十面相をイメージしたデザインで、高さ
1.4メートル。シルクハットを目深に被り、今度は何を企てるのか。そんな怪しげな雰囲気をまとう
怪人二十面相をかたどった石碑は江戸川乱歩が幼少・青年期を過ごした街のシンボルとして、
永く親しまれることを願いデザインされています。

建立以来、江戸川乱歩ファンが多く訪れるスポットとして機能し、また若い世代が乱歩を身近に
感じるきっかけになっています。

記念碑には、特設ウェブサイトにつながるQRコードもあしらわれています。URLへ飛ぶと、金城
学院大学文学部教授、乱歩研究家・小松史生子先生による記念講演の模様も見られますよ。

 

乱歩と名古屋

乱歩の人格形成には、名古屋という街が大きくかかわっています。名古屋の街の歴史と乱歩の
著作とを並行して読むと、乱歩が実によく名古屋時代に得た体験や思い出を作品に活用してい
ることがわかってきます。

金城学院大の小松史生子教授(日本近現代文学)によると、作品に繰り返し登場する見世物小
屋やお化け屋敷などは、少年時代の乱歩が名古屋で開催された博覧会で実際に体験した思い
出がベースになっており、「百面相役者」は大須観音の境内にあった見世物を題材にしているそ
うです。

また、地元紙・名古屋タイムズに「準名古屋人」や「故郷の味」と題した文章を寄せ、屋台で味
わったみそ田楽の味が忘れられないとも回想しています。

乱歩が名古屋人ということを、はじめて知った方も多いのではないでしょうか。ぜひ栄を訪れた際
は、栄スカイル前の記念碑を見てくださいね。

 

【江戸川乱歩旧居跡記念碑】

住所:愛知県名古屋市中区栄3丁目4

【イベント情報】

2022年春、明治村謎解きアトラクションの新シリーズとしてがスタート!ミステリー小説や推理小説が好きな人は楽しめるはず。

明治謎解きアトラクション「江戸川乱歩の不完全な事件帖~本格ミステリーの世界へようこそ~」

企画展「『犯人は誰だ?』謎解きの誕生~明治・大正の探偵小説から江戸川乱歩まで~」

 

INFORMATION

Writer

メイジノオト編集部

記者

メイジノオト編集部

メイジノオトは、明治の魅力を発信するメディアサイトです。
多くの人々がまだ気づいていない『明治』というはじまりの時代のおもしろさをお伝えしています。過去を見つめ直すことによる新しい発見やひらめきをお届けできればと思っています。
運営しているのは、日々明治時代に想いを馳せるちょっとマニアックな編集チーム。
歴史に興味がない人にもわかりやすく、そして、楽しくお伝えしていきます。

PICK UP

イマ注目の記事