• メイジノオト
  • クリームソーダの発祥は明治時代?! 名古屋のクリームソーダがおいしいお店5選

クリームソーダの発祥は明治時代?! 名古屋のクリームソーダがおいしいお店5選

CATEGORY:
グルメ

2021/08/14

クリームソーダの発祥は明治時代?! 名古屋のクリームソーダがおいしいお店5選

甘いソーダ水の上にアイスクリームが浮かんだクリームソーダは、見た目はかわいく、味はシュワっと爽やかで、これからの季節にぴったりのドリンクです。

そんな「クリームソーダ」がはじまったのは、明治時代からと言われています。

そこで今回は、クリームソーダの歴史を振り返りながら、名古屋でおいしいクリームソーダがいただけるお店をご紹介します。

さあ、お気に入りのクリームソーダのお店を探しにいきましょう!

名古屋のクリームソーダがおいしいお店5選

クリームソーダ発祥の店「資生堂パーラー 名古屋店」

左:アイスクリームソーダ メロン/右:レモン各¥935(税込)

1902年(明治35)ソーダ水やアイスクリームの製造と販売をおこなう日本で初めてのソーダ​ファウンテンとして誕生した「資生堂パーラー」。JRセントラルタワーズ12Fに入っている、「資生堂パーラー 名古屋店」でも伝統のアイスクリームソーダがいただけます。

カラフルなソーダ水に、オリジナルのアイスクリームを浮かべた、どこか懐かしい趣の「アイスクリームソーダ」。メニューには大正からの表記を継いで、今も「アイスクリームソーダ」と記されています。

明治初期から変わらず提供している至高の一杯をいただいてみたくださいね。

季節限定のアイスクリームソーダ(今月のおすすめ¥990 税込)も月替わりでいただけますよ。

【資生堂パーラー 名古屋店】
住所  :愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ12F
電話番号:052-588-2240
営業時間:11:00~23:00
定休日 :施設休業日に準じます
https://parlour.shiseido.co.jp/shoplist/nagoya/

大人も楽しめるクリームソーダ「喫茶ニューポピー」

クリームソーダ 825円(税込)

名古屋の歴史が息づく四間道にある「喫茶ニューポピー」。古き良き純喫茶の空間で、自家焙煎のコーヒーやモーニングが味わえるお店です。

喫茶ニューポピーでは、2種類のクリームソーダがいただけます。こちらは、昭和52年の創業当時から変わらないレシピとおいしさのクリームソーダ。さくらんぼがのった王道のルックスも当時から変わらず、これぞ正統派“喫茶店のクリームソーダ“です。

大人のクリームソーダ 935円  (税込)

天然色素のバタフライピーを使った「大人のクリームソーダ」。

有機レモン果汁・八角・カルダモン・ブラックペッパー・シナモン・月桃・鷹の爪・生姜・バタフライピーなど、ナチュラルな素材でシロップをつくっています。ちょっぴりスパイシーで優しい甘さが特徴です。

【喫茶ニューポピー】
住所   :名古屋市西区那古野1丁目36番52号
電話番号 :052-433-8188
営業時間 :8:00〜18:00(LO17:30)金土曜は22:00まで
定休日  :不定休
https://www.instagram.com/kissa_new_poppy/

進化系クリームソーダ。
アメリカンダイニングバー「City Dining Macy’s(メイシーズ)」

レモネードクリームソーダ 748円(税込)

昔ながらの喫茶店にインスピレーションを受けながらも、トレンドを反映させたクリームソーダがいただけるのが、名古屋・大須にあるアメリカンダイニングバー「City Dining Macy’s(メイシーズ)」。

自家製レモネードシロップに、アイスクリームを乗せた、爽やかな甘みのクリームソーダです。スカッと爽やかで、夏にぴったり!

メロンクリームソーダ 698円  (税込)

定番のメロンクリームソーダもおすすめです。メイシーズでは、定番から進化系のクリームソーダまでそろっているので、ぜひお好みのクリームソーダを飲んでみてくださいね。

【City Dining Macy’s】
住所   :愛知県名古屋市中区大須4-3-40 ARKZONE 1A
電話番号 :052-228-6585
営業時間 :11:30~翌2:00(FOOD L.O.翌1:00)(DRINK L.O.翌1:30)
<ランチ>平日 11:30~14:00/土曜日・日曜日 11:30~18:00
定休日  :第三木曜日
https://www.citydiningmacys.com/

夏季限定!moricafe -brunch&coffee-の「南極クリームソーダ」

南極クリームソーダ 650円(税込)

守山区上志段味の森林公園にほど近い、池のほとりにある「moricafe -brunch&coffee-」。おいしいブランチや手づくりスイーツ、コーヒーが楽しめるお店です。

そんなmoricafe -brunch&coffee-では、夏季限定メニューが「南極クリームソーダ」がいただけます。きれいな青色のクリームソーダの上にはミルクアイス、さらにその上には、かわいらしいペンギンのクッキーがちょこんとのっています。

また、ソーダ水には植物由来の色素が使われているのでお子さまでも安心して飲んでいただけますよ。

【 moricafe -brunch&coffee-(モリカフェブランチアンドコーヒー)】
住所  :名古屋市守山区上志段味東谷2074-74
電話番号 : 052-870-5863
営業時間 : 月~金 10:00~17:00(L.O16:00)
土曜日 10:00~18:00(L.O17:00)
第1・第3・第5月曜日 10:00~15:00
定休日 :日曜日、第2、第4月曜日
http://moricafe.jp

Instagramで大人気「喫茶ゾウメシ」のクリームソーダ

クリームソーダ クッキー有 726円(税込)

愛知県西尾市にある人気店「ぞうめし屋」。その2号店が名古屋・亀島にある「喫茶ゾウメシ」です。中でも、お店の人気メニューのひとつがトレードマークのゾウさんがのった「クリームソーダ」。

ミルクアイスを使用しているため、味わいはシャーベットのようにさっぱり。綺麗な色を楽しんでもらいたい!との想いからアイスクリームが沈まないようにつくらているのもポイントです。ソーダ水とアイスが混ざり合い、じんわりと変わっていく様子も楽しみの一つです。

お色は、ブルーハワイ、定番のメロン、鮮やかなピンク色が目をひくストロベリーの3種類から選べます。

【喫茶ゾウメシ】
住所  :名古屋市西区菊井1-24-13
電話番号:052-565-0500
営業時間:10:00〜18:00(LO17:30)
定休日 :火曜
http://www.zoumeshiya.com

ちなみに、クリームソーダやソーダ水にはこんな歴史もあるんです!
クリームソーダの歴史とは?

1902(明治35)年、東京銀座の資生堂薬局内に、資生堂パーラーの前身となるソーダ水とアイスクリームの製造・販売を行う日本で初めての「ソーダファウンテン」が開設されました。今でも多くの人たちに愛されるクリームソーダ誕生のきっかけになったのではないかと言われています。

当時、氷水が二銭ほどの価格の中、ソーダ水10銭、アイスクリーム15銭とかなり高価であったため、お客さんの大半が中流以上の人であったと言われています。

文豪・森鴎外をはじめとする偉人や文豪たちにも愛されており、当時は上流階級の嗜好品でした。その後、高度経済成長を経て、喫茶店やデパートでも提供されるようになり、広く愛されるものになっていきました。

100年以上の時代を経ても、クリームソーダの存在は変わらず、飲むたびに純粋な気持ちを思い出させてくれます。

あの夏目漱石もソーダ水が好きだった?!

合わせて、炭酸水の歴史についても少しだけ振り返ってみましょう。

日本に初めて炭酸飲料が伝えられたのは江戸時代の終わりです。ペリーが来航した際に、船内に積んでいた飲み物のひとつ「炭酸レモネード」を江戸幕府の役人に飲ませた、と言われています。

1884年(明治17)年には、兵庫県多田村平野からわき出た炭酸水「平野水」の販売がスタート。当時は甘味料などは入っておらず、発売当初はあまり需要はありませんでした。1897年(明治30)には大正天皇の御料品御料品の指定を受けます。

徐々に需要が高まってきた1897年(明治40)製造所も増設され、甘味料なども加えられた「平野シャンペンサイダー」が発売されます。

これが、「三ツ矢サイダー」のルーツです。

1909(明治42)年ごろには、胃弱に悩まされた夏目漱石もこの「平野水」を胃を労って愛飲しており、小説『行人』、エッセイ『思ひ出すことなど』でも平野水が登場します。

当時は万病に効く健康水として飲まれていたのには驚きですよね。

【タイアップ企画】夏目漱石と「三ツ矢サイダー」

この夏、明治村では夏目漱石と「三ツ矢サイダー」と題し、オリジナルメニューを販売するなどのタイアップ企画を実施していますので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね。(8/29)

今回は、名古屋のクリームソーダがおいしいお店とクリームソーダの歴史についてご紹介しました。明治時代に登場して以来、世代を超えて愛される「クリームソーダ」。

ぜひ、この夏はお気に入りのクリームソーダを見つけにいってみてくださいね。

INFORMATION

資生堂パーラー 名古屋店

所在地

愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ12F

営業時間

1:00~23:00

定休日

施設休業日に準じます

電話番号

052-588-2240

公式サイトURL

https://parlour.shiseido.co.jp/shoplist/nagoya/

喫茶ニューポピー

所在地

名古屋市西区那古野1丁目36番52号

営業時間

8:00〜18:00(LO17:30)金土曜は22:00まで

定休日

不定休

電話番号

052-433-8188

公式サイトURL

https://www.instagram.com/kissa_new_poppy/

City Dining Macy’s

所在地

愛知県名古屋市中区大須4-3-40 ARKZONE 1A

営業時間

11:30~翌2:00(FOOD L.O.翌1:00)(DRINK L.O.翌1:30)<ランチ>平日 11:30~14:00/土曜日・日曜日 11:30~18:00

定休日

第三木曜日

電話番号

052-228-6585

公式サイトURL

https://www.citydiningmacys.com/

moricafe -brunch&coffee-(モリカフェブランチアンドコーヒー)

所在地

名古屋市守山区上志段味東谷2074-74

営業時間

月~金 10:00~17:00(L.O16:00) 土曜日 10:00~18:00(L.O17:00) 第1・第3・第5月曜日 10:00~15:00

定休日

日曜日、第2、第4月曜日

電話番号

052-870-5863

公式サイトURL

http://moricafe.jp

喫茶ゾウメシ

所在地

名古屋市西区菊井1-24-13

営業時間

10:00〜18:00(LO17:30)

定休日

火曜

電話番号

052-565-0500

公式サイトURL

http://www.zoumeshiya.com

Writer

メイジノオト編集部

記者

メイジノオト編集部

メイジノオトは、明治の魅力を発信するメディアサイトです。
多くの人々がまだ気づいていない『明治』というはじまりの時代のおもしろさをお伝えしています。過去を見つめ直すことによる新しい発見やひらめきをお届けできればと思っています。
運営しているのは、日々明治時代に想いを馳せるちょっとマニアックな編集チーム。
歴史に興味がない人にもわかりやすく、そして、楽しくお伝えしていきます。