村内MAP 寄付する

MENU

食べる

明治村人気の食べ歩きグルメ

正門テラス

たっぷりのあずきあんとホイップクリームのベストマッチングな「小倉ドック」をどうぞ。

場所 大井牛肉店横(1丁目)
ジャンル 軽食・ドリンク
予算 ~600円 ※クレジットカード・電子マネー・QRコード決済をご利用いただけます。
予約 予約不可
定休日 平日全日休業
営業時間 [全日]9:45~(L.O.16:45) ※季節によって異なる場合があります。

目次 - Index -

    おすすめ

    果実のジュレ・ミルク(イチゴ)/500円

    果実のジュレ・ミルク(イチゴ)/500円

    新鮮な果実がぎゅっと詰まったジュレの上に、牛乳を注ぎました。かき混ぜてお召し上がりください。
    (販売期間:2024/2/23(金・祝)~2024/7/28(日))

    果実のジュレ・ミルク(パイナップル&パッション)/500円

    果実のジュレ・ミルク(パイナップル&パッション)/500円

    新鮮な果実がぎゅっと詰まったジュレの上に、牛乳を注ぎました。かき混ぜてお召し上がりください。
    (販売期間:2024/2/23(金・祝)~2024/7/28(日))

    小倉ドッグ / 400円

    小倉ドッグ / 400円

    たっぷりのあずきあんとホイップクリームがベストマッチな名古屋名物。
    ※定休日は、5丁目 帝国ホテル喫茶室にて販売しております。

    挽肉のコロツケー / 300円 

    挽肉のコロツケー / 300円 

    牛肉と玉葱の王道コロツケー
    ※販売休止中(5丁目 食道楽のコロツケーの店にて販売しております。)

    メニュー

    フード

    • 小倉ドッグ

      400円

    • 芋のコロツケー 

      ホクホクのジャガイモが入った芋コロツケー ※販売休止中(5丁目 食道楽のコロツケーの店にて販売しております。)

      300円

    • 挽肉のコロツケー 

      牛肉と玉葱の王道コロツケー  ※販売休止中(5丁目 食道楽のコロツケーの店にて販売しております。)

      300円

    • 海老のコロツケ― 

      ぷりぷりの海老がたっぷり入った海老クリームコロツケー ※販売休止中(5丁目 食道楽のコロツケーの店にて販売しております。)

      300円

    • ソフトアイス

      季節に合わせたソフトアイスをご用意しております。※詳しくは店舗にてご確認ください。

      400円

    ドリンク

    • アイスコーヒー

      350円

    • 生ビール

      600円

    村内 Googleマップ

    村内の場所

    ストリートビューで見学

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    重要文化財 / 建造物

    西郷隆盛の弟、西郷従道が建てた住宅のうち、接客用に設けられた洋館。従道は陸海軍の大臣を歴任していたため、在日外交官の来客も多く、明治22年(1889)には明治天皇の行幸も仰ぎました。
    設計にはフランス人レスカスが関与していると伝えられ、建築金具や階段などをフランスから取り寄せているほか、2階には日本三景が描かれた陶板で飾った暖炉も設置されています。
    この建物は耐震性を高める工夫がなされています。屋根には軽い銅板が葺かれ、野地板が斜めに張られているほか、外壁は柱間に落とし込んだ本実下見板張りとなっています。

    西郷從道邸

    建造物

    明治41年(1908)に竣工した赤坂離宮(現迎賓館)の正門に、警護のために設けられた4基(左右内外で計4基)の哨舎(しょうしゃ)の一つ。
    赤坂離宮は、当時皇太子であった大正天皇のために建てられた東宮御所で、明治時代を代表する洋風建築です。日本における唯一のネオ・バロック様式の洋風宮殿であり、内外とも当時の技術・工芸の粋が集められています。本館前には広大な西洋式庭園も造られ、警備のために皇宮警察警手が詰める哨舎が配されていました。哨舎は木造銅板葺き、八角形の平面で、洋風の正門にあわせて白壁に丸屋根、頂上に飾りをのせた洒落たデザインになっています。
    設計者は片山東熊(1854-1917)で、工部大学校造家学科で英人建築家コンドルの教えを受けた、第1回卒業生4名のうちの一人でした。

    赤坂離宮正門哨舎

    重要文化財 / 建造物 / Pick Up!

    日本聖公会京都五条教会堂として建設された教会堂。2階が会堂、1階は日曜学校や幼稚園に使われていました。
    中世ヨーロッパのロマネスク様式をベースに、細部にゴシックのデザインをまじえた外観が特徴。正面の左右には高い尖塔が建てられ、奥に十字形の大屋根がかかる会堂が配されています。2階の会堂の内部は十字形の平面になっていて、小屋裏あらわしも。アーチ形の方杖と鉄筋が組み合わされた独特な小屋組の細い骨組みにより、実際よりも広く感じさせる造りです。正面の妻と交差廊の両妻には大きな尖塔アーチの窓が設けられ、美しいトレーサリーの模様が浮かび上がるとともに、室内に光をふんだんに取り込みます。京都の風土に合せて使ったといわれる天井の竹のすだれが明るい光を反射し、内部の印象は非常に開放的です。

    聖ヨハネ教会堂

    村内MAP 開村時間 料金 団体情報 アクセス