村内MAP 寄付する

MENU

体験する

10,000ピースのつみきで遊べる、屋内型施設が登場!

つみきひろばGabe~フレーベルからのおくりもの~

10,000ピース以上の「つみき」が、子どもの自由な発想をどこまでも広げてくれます。
すべての子どもが生まれながらに持つ「Gabe(ガーベ)=可能性」。
「つみきひろばGabe」は、子どもの可能性を豊かに育み、大人に気づきの喜びをお届けする「共育」空間です。
Produced by フレーベル館

場所 聖ヨハネ教会堂1F 1丁目6番地
開催日 毎日※休村日を除く
予約 予約不要
料金 こども 最初の30分 700円~
※詳しくはページ下部をご覧ください
所要時間 30分~
集合場所 聖ヨハネ教会堂1F 専用受付
開始時間 明治村開村30分後~閉村30分前※最終入場受付は閉村60分前まで ※延長営業時を除く

目次 - Index -

    おすすめポイント

    ご利用のご案内

    時間制でのご利用と
    たくさん遊べるフリーパスをご用意

    つみきひろば

    フレーベルの「恩物(おんぶつ)」に、“量”の考え方を加えた「つみきひろば」では、10,000ピースを超えるつみきで遊べます。
    おうちではできないような、ダイナミックな表現や生き生きとした姿を見守ってあげてください。

    ボールひろば

    かたい・やわらかい・大きい・小さい・・・
    同じ“球(きゅう)”でも特徴のちがうたくさんのボール。
    転がるボールをただ眺めてみたり、複雑なコースをつくってみたり。
    ボール遊びは無限の可能性を感じさせてくれます。

    恩物ひろば

    球(きゅう)、立方体、面、線、点・・・次第に複雑多様になる10種類の「恩物(おんぶつ)」。
    ドイツの教育学者フレーベルが考案した世界初の教育遊具です。
    「子どもが遊びによって自ら生きる力を育てること」を大切にしたフレーベルによる「恩物」で、“球”や”形”、”デザイン”、“見立てあそび”などを遊びながら感じ、前の体験が次の発見となるなど、自分の力で遊ぶ子どもの姿を、ぜひあたたかく見守ってあげてください。

    モザイクひろば

    私たちの身の回りにはたくさんの色があふれています。
    たくさんの“色”があるモザイク(色板)を使い、思い思いの形や模様を作るなかで、色彩のうつくしさに触れ、きっとだれもが夢中になれることでしょう。

    あかちゃんひろば

    はじめて“物(もの)”と出会い、自分の可能性を広げていくあかちゃん。
    積んでみたり、転がしてみたり。色・物・形や動きなど、つみきひろばGabeのそれぞれの“ひろば”につながるおもちゃたちを、あかちゃんに触れさせてあげてください。
    ※2歳未満のお子様と保護者の専用スペースです。

    休憩コーナー

    思い切り遊んだあとは、ここで一息。
    フレーベル館の「絵本」も読めます。

    飲み物は休憩コーナーで飲んでね。

    おむつ替え・授乳ルーム(女性専用)

    つみきひろばGabeのオープンに合わせ、おむつ替え・授乳ルームを完備。
    つみきひろばGabeご利用の方以外もお使いいただけます(女性専用)。
    男性は、「和食処 碧水亭」にあるおむつ替えコーナーをご利用ください。

    Produced by カトージ

    ご利用の注意

    ・対象年齢:6ヶ月~12歳
    ・安全管理のため、原則として保護者(親権者または18歳以上の大人)1名に対して、お子様3名様まで入場可
    ※団体利用は除きます
    ・密閉できない飲み物の持ち込みはお断りしております
     Gabe内での水分補給は指定箇所でお願いいたします
    ・食べ物の持ち込みは固くお断りしております

    ★お子様の成長を見逃さないためにも、あたたかく見守りをお願いいたします

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    建造物

    明治43年(1910)に建てられた東京盲学校の車寄部分を移築したもの。校舎は木造2階建てのE字型で、中央に車寄、2階には大講堂がある間口62mの大建築で、外壁や両翼部の妻部は、木骨を見せるハーフティンバー様式でした。
    車寄の屋根の切妻ペディメントには文様が刻まれ、天井の板張りに格子組みが見られるなど、美しい意匠を備えています。

    東京盲学校車寄

    建造物

    明治41年(1908)に竣工した赤坂離宮(現迎賓館)の正門に、警護のために設けられた4基(左右内外で計4基)の哨舎(しょうしゃ)の一つ。
    赤坂離宮は、当時皇太子であった大正天皇のために建てられた東宮御所で、明治時代を代表する洋風建築です。日本における唯一のネオ・バロック様式の洋風宮殿であり、内外とも当時の技術・工芸の粋が集められています。本館前には広大な西洋式庭園も造られ、警備のために皇宮警察警手が詰める哨舎が配されていました。哨舎は木造銅板葺き、八角形の平面で、洋風の正門にあわせて白壁に丸屋根、頂上に飾りをのせた洒落たデザインになっています。
    設計者は片山東熊(1854-1917)で、工部大学校造家学科で英人建築家コンドルの教えを受けた、第1回卒業生4名のうちの一人でした。

    赤坂離宮正門哨舎

    建造物

    東京目白の学習院敷地内に建てられた院長官舎。学習院は江戸末期に京都で始まり、皇室や華族の子弟を教育する学校として明治10年(1877)に創立。明治17年(1884)、宮内省所管の官立学校として発足しました。当初は千代田区神田錦町にありましたが、麹町、四谷を経て、明治41年(1908)にまだ郊外であった目白に移転しました。この官舎が建てられたのは、目白に移転した翌年のことです。
    当時の学習院院長は、第10代にあたる乃木希典。希典は日露戦争の終結後、明治39年(1906)に軍事参議官という閑職に補せられ、翌40年(1907)1月から学習院長を兼任することとなりました。
    建物は木造で、2階建ての和館と洋館が接続した形。洋館部分は、執務室・応接室・大広間からなり、公的なスペースとして使われていたようです。設計者は、文部省技師久留正道であることがわかっています。

    学習院長官舎

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス