村内MAP 寄付する

MENU

体験する

日本の近代産業の発達について理解を深めたい時はコチラ!

明治の大発明「ガラ紡」体験《学校団体向けワークショップ》

学校団体を対象とした無料ワークショップです。10名様以上でご予約ください。

明治時代の日本の画期的な発明品「ガラ紡績機(通称 ガラ紡)」について詳しく知るとともに、ガラ紡で紡がれた糸を用いてコースターを製作するワークショップです。
自宅へ持ち帰ったコースターを見ると、ガラ紡のことを思い出し、近代日本の紡績業の発展に思いを馳せていただけるのでは…?!

場所 明治村ホール
予約 要予約|開催日の6ヶ月前から7営業日前まで(予約の際に「ガラ紡体験希望」とお伝えください)
料金 無料
所要時間 約45分
開始時間 要ご相談

目次 - Index -

    おすすめポイント

    ガラ紡ってなに?

    明治時代に発明された紡績機「ガラ紡績機」は、それまでの手紡ぎによる紡績法から一度に大量に糸が引けるようになった画期的な発明品です。
    発明したのは、長野の臥雲辰致(がうん ときむね<たっち>)です。

    原料綿(よりこ)を入れた円筒形のツボと呼ばれる筒が回転し、上部の糸枠に撚りをかけながら巻き取られていくものです。

    ガラ紡績機は明治10(1887)年に東京で開催された第一回内国勧業博覧会に出品され、鳳紋賞を受賞しました。

    博物館明治村に展示されているガラ紡績機は初期の形態を残すガラ紡績機は日本では2台しか残っていないもののうちの1台というとても貴重なものです。

    ガラ紡で作られた糸を使ってコースター作り

    このガラ紡で剖出された糸に触れることで、近代日本の礎となった紡績業の発展の歴史に思いを馳せるとともに、コースターを織ることで織物の基本を体験することができます。

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    建造物

    長野県木曽郡大桑村須原の中山道沿いに建てられた医院。建設年は明らかになっていませんが、移築解体時には紙張り天井の下張りから明治36年(1903)11月1日付けの新聞が発見されたため、それ以降の年と考えられています。
    大桑村須原は木曽路の中ほど、妻籠(つまご)と木曽福島の中間に位置し、木曽ヒノキの伐りだしを生業とした町です。この須原に生まれた清水半次郎(1868-1951)は、東京に出て西洋医学を学び、地元の木曽谷に戻って医院を開業しました。
    軒が漆喰で塗り籠められ伝統的な土蔵造にも見えますが、アーチ形の入口や窓、隅柱など洋風意匠を組み合わせていて、宿場町須原にあって目を引いたことでしょう。

    清水医院

    建造物

    石川県金沢市に第四高等中学校(現 金沢大学)の物理化学実験教場として建てられました。近代化を進める明治政府にとって、自然科学教育は重要課題で、明治5年(1872)に公布された「小学規則」にも窮理学(物理)、化学、博物、生物の4科目があげられており、初等教育の段階から、重きをおいていました。
    棟札によると工事監督は山口半六、設計監理は久留正道。いずれも文部省技師として、多くの学校建築に携わった人物でした。

    第四高等学校物理化学教室

    建造物

    1階を雨天体操場、2階を講堂として使用していた校舎。当初は大阪市北区大工町の堀川尋常小学校にあったもので、同校の校舎が新築されるに際し、昭和4年(1929)に南河内郡の赤阪尋常小学校に移築されました。
    明治中頃から学校教育の中で体操が重視され始めると、広い体操場が求められるようになり、このような建物が各地に立てられました。
    外周にはアーチが連続する幅一間(約1.8m)の廊下をめぐらしていて、明治時代の洋風校舎としての趣を持っています。2階講堂正面に天皇陛下御真影や教育勅語を納めた奉安殿が設けられています(2階は非公開)。

    千早赤阪小学校講堂

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス