村内MAP 寄付する

MENU

買う

ガラス商品のセレクトショップ

品川硝子ショップ

澄んだ輝きを放つガラスの雑貨や食器、アクセサリーなどを多数取り揃えたお店です。

場所 工部省品川硝子製造所1階(4丁目45番地)
ジャンル ガラス雑貨

目次 - Index -

    おすすめ商品

    ガラスペン/1,250円~

    ガラスペン/1,250円~

    明治時代に日本で発祥したガラスペン。鉛筆やボールペンとは一味違った書き心地が魅力的。お好きな色のインクをつけて、お手紙や日記を書いてみませんか?

    ガラスの人形各種/280円~

    ガラスの人形各種/280円~

    クリスマス関連のガラス人形たち。コレクションしたくなること間違いなしです♪

    オリジナルガラス箸置き/470円

    オリジナルガラス箸置き/470円

    明治村オリジナルデザインのガラス箸置き。聖ザビエル天主堂のバラ窓や虞美人草など、バリエーションが豊富なので、お好みのデザインをお選びいただけます。いつもの食事の時間を、ちょっぴり華やかにしてくれます。
    鉄道開業150周年にあわせてSL・市電柄の箸置きも登場!

    商品紹介

    スタッフおすすめ!人気商品

    アデリアレトロ

    770円~

    ロックグラス各種

    3,630円~

    ガラスヘアゴム

    880円

    ギャラクシーボックス各種

    260円~

    ランプ各種

    2,090円~

    村内 Googleマップ

    村内の場所

    ストリートビューで見学

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    建造物

    この建物はガラス工場施設の一部で、当時は大きな窯場や倉庫が隣接していました。明治政府は、明治9年(1876)に民営のガラス工場、品川興行社を買い上げて国営工場としました。施設を拡張・整備し、イギリス人の技術者たちを雇い入れて、需要の急増した板ガラスやガラス瓶などの国産化を急ぎました。
    明治18年(1885)には再び民間のガラス会社に移管され、明治41年(1908)には高峰譲吉が共同出資した三共合資会社が買収して、タカジアスターゼ(胃薬)などを作る製薬工場になりました。いろいろな変遷を経てきた建物ですが、明治初期の洋式煉瓦造工場の姿をよく伝えています。

    工部省品川硝子製造所

    建造物

    この住宅は、大正8年(1919)にブラジル・サンパウロ州レジストロ市に建てられました。持ち主は、長野県出身でブラジルに入植した久保田安雄という人物で、日本人移民として慣れないコーヒー栽培に苦闘しながら、密林を拓いてこの家を造りました。
    現地産の堅い木材を加工して造られているものの、同じく入植者の中にいた日本人大工の手が入り、小屋組や、木材の継ぎ目である継手や仕口などには、和風の工法が見てとれます。また、建物は尺貫法で造られています。

    ブラジル移民住宅

    重要文化財 / Pick Up!

    精紡機は、前紡工程の練紡機(粗紡機)より供給された粗糸を引き伸ばして所要の太さにしたのち、撚りをかけて糸とし、その糸を自動的に巻き取る機械です。この機械は三重紡績会社で使用され、日本の近代化に大きく貢献しました。

    リング精紡機

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス