MENU

買う

ガラス商品のセレクトショップ

品川硝子ショップ

澄んだ輝きを放つガラスの雑貨や食器、アクセサリーなどを多数取り揃えたお店です。

場所 工部省品川硝子製造所1階(4丁目45番地)
ジャンル ガラス雑貨

目次 - Index -

    おすすめ商品

    ガラスペン/1,100円~

    ガラスペン/1,100円~

    明治時代に日本で発祥したガラスペン。鉛筆やボールペンとは一味違った書き心地が魅力的。お好きな色のインクをつけて、お手紙や日記を書いてみませんか。

    バラ窓ガラス箸置き/440円

    バラ窓ガラス箸置き/440円

    聖ザビエル天主堂のバラ窓をモチーフにした箸置き。カラーバリエーションも豊富なので、お好みの色をお選びいただけます。いつもの食事の時間を、ちょっぴり華やかにしてくれます。

    商品紹介

    人気商品

    アデリアレトロ

    770円

    バラ窓サンキャッチャー

    1,830円

    ギャラクシーボックス各種

    220円~

    ランプ各種

    2,090円~

    村内 Googleマップ

    村内の場所

    ストリートビューで見学

    一覧に戻る

    同じエリアのスポット

    - IN THE SAME AREA -

    見る・知る

    一覧へ

    重要文化財 / 建造物

    大阪府池田市西本町猪名川の川岸にあった芝居小屋。もとは池田市本町にあった明治7年創業の戎座を、明治25年(1892)に西本町へ移築し、このときに名称も「呉服座」と改められました。
    構造は江戸時代から続く伝統建築の名残をとどめた、木造2階建ての杉皮葺き。舞台と客席部分には大きな切妻屋根を架け、その前に軒の高い下屋を降ろして、小屋の入口にしています。正面の高い切妻には太鼓櫓(やぐら)を突き出し、入口下屋の軒下には、絵看板を掲げられる場所も。また正面の壁は黒漆喰塗りで、腰には和風の下見板が建て込まれています。出入口の扉は、裏面は和風の舞良戸(まいらど)ながら、表面には洋風の枠飾りなどがあしらわれており、目新しさを感じさせます。

    呉服座

    建造物

    東京・文京区本郷にあった屋号を「喜之床」と称する理髪店で、明治後期から大正初期にかけての商家の形式をうかがい知れる建物。店の正面をガラス張りにしているのは当時の新しいスタイル。床屋は、ハイカラにはバーバーともいわれ、庶民の暮らしに欠かせない店屋でした。
    この建物の2階二間を明治42年(1909)から間借りして家族と生活していたのが、歌人石川啄木です。処女歌集『一握の砂』はここで暮らしているときに出版されました。

    本郷喜之床

    建造物

    この住宅は、大正8年(1919)にブラジル・サンパウロ州レジストロ市に建てられました。持ち主は、長野県出身でブラジルに入植した久保田安雄という人物で、日本人移民として慣れないコーヒー栽培に苦闘しながら、密林を拓いてこの家を造りました。
    現地産の堅い木材を加工して造られているものの、同じく入植者の中にいた日本人大工の手が入り、小屋組や、木材の継ぎ目である継手や仕口などには、和風の工法が見てとれます。また、建物は尺貫法で造られています。

    ブラジル移民住宅

    村内MAP 開村時間 チケット 団体情報 アクセス