Language
English
簡体中文
한국어
  • 団体向け情報
  • お問い合わせ
長崎居留地二十五番館

長崎居留地二十五番館

写真:長崎居留地二十五番館

読売新聞朝刊掲載日:2004年12月15日

大きな寄せ棟屋根の本館(1889年造)と小ぶりの別館(1910年造)からなる外国人住居の秀作。本館を巡るベランダは、西洋人が東南アジアの植民地風土に合わせて作った形が移入されたもので、南国の印象を与えている。

文:石川新太郎(明治村建造物担当)

一覧へ