Language
English
簡体中文
한국어
  • 団体向け情報
  • お問い合わせ
三重県庁舎

三重県庁舎

写真:三重県庁舎

読売新聞朝刊掲載日:2004年11月29日

三重県土木課技師の清水義八により、1879年に建てられた。模擬風建築で、玄関を挟み左右対称の造りは、当時の官庁の典型だった。扉や額縁には、素地を見せずペンキで木目を描く木目塗りという技法が使われている。

文:石川新太郎(明治村学建造物担当)

一覧へ